続けるべきか? やめるべきか?

Q:ある人には、「子どもの頃は色々やらせなさい」と言われ、別の人には「1つのことを根気よくやらせなさい」と言われました。私の子どもは、飽きっぽいのか、すぐに別のことに興味がいってしまいます。「野球を習いたい」と言い出したかと思えば、1ヶ月もたたないうちに「サッカーがしたい」と言い出したりします……。我慢して1つのことを続けさせるのが子どもにとっていいことなのか、それともそのとき興味のあることをやらせるのがいいのか、どちらが子どものためになるのでしょうか?

子どもの夢
習い事をいろいろさせるべきか?継続させるべきか?といった議論はあまり健康的ではありません
A:物事を続けるべきか、別の道に進むべきかは、子どもに限らず大人にとっても決断を迫られることがあります。少なくとも、心理学的には、「1つのことを続けるべき」「いろいろやるべき」というどちらかでなければならないと思わないことが健康的です。そのとき、その子どもの状態にあわせて、話し合うのがいいでしょう。

では、どういうときに続けて、どういうときには別のことを始めるタイミングなのでしょう? それは、行動基準が「不安」か「おもいやり」かということが1つの判断材料になります。