遊びは「静」と「動」を上手に活用

うっとうしい雨が続くこの時期、家にこもりがちで子どももイライラ、ママもイライラ……
雨が降ったり止んだりのこの季節、どんよりとした空を見ていると気持ちまで下降傾向……。そんなとき、体力を持て余した子どもから「ママ! ママ!」なんてせがまれると、ついついイライラしてしまうものです。何とか親子で楽しく過ごす方法はないでしょうか? 今回は、遊びのメリハリポイントをご紹介します。

静と動の遊びのリズムを!

走り回っているだけだと収拾つかなくなるし、お絵かきばかりだと体力を持て余してしまう。そこで子どもには「静と動の遊びリズム」を活用することをオススメします。静と動の遊びリズムとは……

■静の遊び……お絵かきや絵本の読み聞かせなど、落ち着いた遊びのこと。お絵かきなどの遊びに集中することにより、日常生活中のストレスや興奮を精神的に落ち着かせます。落ち着くことで自らの頭を整理し、自分の能力を集約し集中力が増します

■動の遊び……ごっこ遊びや体を動かす遊びのこと。子どもの持っている運動能力を解放する時間を持つことで、あり余る体力を発散。適度な疲れをもたらすと同時に、子どもの運動能力を伸ばしていくきっかけになります

この2つは、保育士が子どもの指導案を考えるときに気をつけるポイントでもあります。特に梅雨時は外出できないことが多くなるため、「動」の遊びが限られてしまい、子どもの中に不満が溜まってしまいがち。パワーを持て余す子どもには、正しいはずの言葉が届く確率も下がってしまうのです。

逆にここをしっかりと押さえておけば子どもはのびのびと遊び、その後、疲れた体をクールダウンするというメリハリのある生活を送ることができるのです。

>>次ページは静の遊び、動の遊びの実例紹介>>