子供は「遊び」を通して多くのことを学んでいます

遊び上手な子供へと導くヒント

    子供は元々「遊びの天才」

「遊び」は子供の成長にとって大切、とはよく聞かれる言葉ですね。では、なぜ遊びが大切なのかをざっと整理してみましょう。子供達は遊びによって、以下のようなスキルや能力を学んでいます。

・運動スキル

走り回ったり、遊具を上ったり下りたりといった総合的な運動スキルから、積み木を積んだり、ブロックをつなげたり、コップの水を他の器に移したりといった局所的な運動スキルが身につきます。
・思考力
「~だったらどうなるだろう?」といった推測力や論理的思考力がつきます。また問題を解決するために、様々な面からアイデアを思いつく水平思考も身につきます。
・言語力
自分のアイデアや思いを相手に伝えるために工夫することで、表現力や言語力が身につきます。
・自制心
ふざけて取っ組み合いなどする中で、これ以上強く叩いたら、相手を傷つけてしまうかなと自らの衝動を制御する感覚を学びます。
・想像力
砂からお城ができたり、ばらばらのブロックから飛行機ができたり、想像力が豊かに羽ばたきます。
・社会性
ルールを覚え、相手を思いやり、協力し合いと、社会で必要とされる姿勢を身につけます。またごっこ遊びでは、様々な役割を体験することで、自分とは異なる立場にある相手を理解する助けとなります。
・人が最大限の力を発揮できる「フロー状態」
遊びを通し自発的に深く興味に没頭することで、リラックスした集中状態、努力を努力と感じない「フロー状態」を身につけます。

「遊び」のすごいところとは、こうしたスキルや能力を、習い事のように大人の指導によって学ぶのではなく、自発的に楽しみながら身につけてしまえることです。またやるべき課題の間にも遊びを挟むことで、課題へ取り組む意欲や効率がより高まることも分かっています。

遊び時間の減少がもたらす弊害

ところが昨今、世界中の多くの国で、子供の遊び時間が減っていると報告されています。日本でも、外遊び時間の減少による子供の体力の低下や、情緒面や社会性への影響が懸念されています(日 本 学 術 会 議2013)。遊び時間が減るにつれ、子供達はより情緒面や行動面に問題を抱えるようになったとするボストン大学教授 ピーター・グレイ博士の説もあります。

そうした中、日々子供に接する保育士や教育関係者が気がつくのが、「遊び方」のよく分からない子供が増えているのではないかということです。次から次へと玩具に触るだけだったり、同じことの繰り返しだったり、お友達と物の取り合いをするだけだったりと、遊びがなかなか「発展」していかないのです。

それでも子供とは、元々は「遊びの天才」。周りの環境や働きかけを少し工夫することで、その本来の姿を取り戻し、生き生きと遊び始めます。次のページには、子供を「遊び上手」へと導くためのヒントを紹介します。