人はなぜ、小さなものに特別な魅力を感じるのだろうか。模型やミニカー、ミニチュアカメラなど、例を挙げればキリがない。おそらく皆さんも何かひとつは思い当たるものがあるのではないだろうか。

本来は大きなものがグッと小さくなった時、非日常的なものをそれに見いだすのかも知れない。外観だけでなく、中身や仕組みといったことまで忠実に小さく作ったものなら、なおさらだ。今回紹介するこのノートも、そんな「小さなもの心」を大いにくすぐってくれるものがある。

みすず堂 豆本
美篶(みすず)堂 豆本


小さいながらも堂々とした風格

美篶堂は、もともと職人の手づくりによる上質な装丁の製本を手がけており、出版業界では、その名はかなり知られた存在だ。最近ではその製本技術を活かし、ノートをはじめとする様々な紙製品を作っていて、ステーショナリー好きの間でも、人気を博している。

みすず堂 豆本
手をぎゅっと握りしめたら、隠れてしまうほどの小ささ

この「豆本」、その名のとおり、手の平にすっぽりと収まる見事なまでの小ささをしている。その小ささ、マッチ箱くらしかない。一見すると、ただただ可愛らしいだけのアイテムと思いがちだが、さすが上製本を得意とする美篶堂、こだわりに満ちた作り込みになっている。1つひとつ手作りで、細部にいたるまで実に丁寧に仕上げられている。もし、このまま大きくすれば、上質なハードカバーの本として通用するくらいだ。

小さなそのノートを指でつまむように持つと、なんだか自分がガリバーにでもなった気分になってくる。

みすず堂 豆本みすず堂 豆本
表紙を開くと、「見返し」という表紙と本文をつなぐ厚紙までついている。
中の紙はすべて無地になっている。

美篶堂のノートと言えば、見開き性のよい製本に特徴があるが、こんなに小さなノートにもしっかりと、そのこだわりは埋め込まれている。どのページをめくっても製本のノドまで気持ちよく開いてくれる。豆本といういことで、1ページのスペースは決して広くないが、この見開き性のよさにより、筆記スペースはそれなりに保たれそうだ。

みすず堂 豆本
グイと勢いよく広げてもOK。

中の紙にもぬかりはなく、上質な紙が使われている。私が今回手に入れた豆本には、スピカレイド紙、そしてクリーム帳簿用紙が使われていた。

みすず堂 豆本みすず堂 豆本
すの目の入ったスピカレイド紙。最近はあまり見かけなくなった。
美篶堂の十八番の違う色をグラデーション的に製本したタイプもある。

実は、この紙は、通常のサイズのノートを作っていく中で、どうしても紙の取り都合の関係で余ってしまう部分があり、それを有効活用するこという事情もあるという。なので、この豆本を買いに行ってもその時々により、中の紙はいろいろと違うことがあるそうだ。どんな紙に出会えるかを楽しんでみるのもいいと思う。

みすず堂 豆本
左がクリーム帳簿用紙、右がスピカボンド紙


使い方はアイデア次第

眺めているだけでも楽しいのだが、せっかくなので、その小さいを活かした使い方を試してみたい。

みすず堂 豆本みすず堂 豆本
小さなページに小さな文字で書いてみると、何とも言えぬ魅力的なものになる。
太字の万年筆で1ページに1文字ずつ書くと、紙芝居的にメッセージを伝えることができる。

やはりノートであるのだからまずは書いてみるのがいいと思う。書くと言っても使うペンによって色々な楽しさがある。たとえば極細のペンで自分だけの秘密の日記を小さなページいっぱいにびっしりと記したり、また、プレゼントに添えるメッセージカードならぬ、メッセージブックとして使うという楽しみ方もある。その場合は、1ページ1文字で、「H」「A」「P」「P」「Y」「B」「I」「R」……なんて書いたらメッセージもより伝わりやすいと思う。

それから、実はこれがこの商品の本来の使い方なのだが、はがきや写真、カードなどを豆本のページの間に挟み込んで、スタンドとして、デスクに飾ることもできる。

みすず堂 豆本
ハードカバーに厚みのあるスタイルを活かして、写真などを挟みこんでおくことができる。ノートとして使い終わった後にいいかも。

アイデア次第で何通りもの使い方ができる「豆本カードスタンド」。あなたならではの楽しみ方を見つけてみてはいかがだろうか。

みすず堂 豆本
美篶堂「豆本カードスタンド」 840円~


<関連リンク>
美篶堂のオフィシャルサイト
ガイド おススメ リンク集「ノート&手帳にこだわる」