少ししか見えないところだからこそこだわりを

スプリングコートを選ぶ際にこだわりたいのが裏地です。春など、前のボタンを締めずにスプリングコートをさらりと着る場合、ちょっとした動作で裏地がちらりと見えます。その一瞬に見える裏地だからこそ、こだわってみたいもの。

トレンチコートといえばバーバリーが有名ですが、バーバリーをあそこまで有名にしたのも、あの裏地のチェック。バーバリー独特のチェックをさりげなく、コートを脱いだとき、階段をのぼったときなどにのぞかせる。なんともおしゃれな瞬間です。
裏地はポリエステルが基本。触ったときさらりとした感触のポリエステルは、着る際にすべりがよくなります、脱ぎ着がスムーズに photo:石井幸久(m.m.blue)

裏地の色にもこだわりを

今年の春にゲットしたい、ニュートラルカラーのコートの場合は、裏地も表地と同系色というのが鉄則です。裏地の場合も同じで、黒などダークカラーをくれぐれも合わせないように気をつけましょう。さらに今年、多くのブランドで多く見られるのが裏地のないコート。裏地がない分軽くなり、さらりと着こなすにはうってつけ。春風に乗ってコートをなびかせる、そんなドラマチックな着こなしを今年は楽しんでください。

【最新記事】
オンでもオフでも使えるニットタイ
革の加工に技ありレザージャケット
春先に着るタートルネック vs ハイネック

※記事の更新やコラムをガイドメルマガにてお知らせします。
登録はこちらから。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。