ボタンホールをつなぐ男のアクセサリー

カフリンクスは袖口のカフスをつなぐという意味のアクセサリー
男性の装いの中で、僕が一番、エレガントだと思うものに、カフリンクスで留められた緩やかなカーブのフレンチカフスがあります。それは上品さを醸し出すと同時に、セクシーな男のお洒落です。今回は、そんなカフリンクスのお話をしましょう。

カフリンクスは英語ではCUFF LINKS と書きます。その意味はシャツの袖口のボタンホールを繋ぐもの。今日のメンズシャツはボタンで袖口を留めるものが主流ですが、お洒落な人はフレンチカフスのシャツにカフリンクスというスタイルを楽しむ人も多いようです。

そもそもカフリンクスが一般的に使われ始めたのは19世紀の中ごろです。当時の男性はしっかりと糊づけされたカラーやカフスのシャツを清潔感溢れるものとして好んで着ていました。ところが、袖口のカフスがあまりにもしっかりと糊づけされているのでボタンでは留められず、そのかわりにカフリンクスを使うようになったそうです。


次のページでは、カフリンクスの由来について解説しています。


【関連記事】
■最新記事
正しいスーツの選び方(4) 体型別で選ぶ
スーツをきれいに見せる手入れの秘訣
スーツを長持ちさせる手入れの秘訣