スーツを着こなす決め手は?

スーツをきれいに着こなすには体型に合ったジャストフィットのものを選ぶことが大切です。
スーツを格好よく着こなしている人を見て、「どうしてあんなによくスーツが似合っているんだろう?」と思ったことはありませんか?そんな時、「シルエットが美しいスーツだからだ」とか「あの人は背が高くて、体格がいいから」などと考えるものです。スーツの着こなしにはそういうことも大切ですが、一番の決め手ではありません。スーツを格好よく着こなすポイント、それは、自分の体にぴったり合ったサイズのスーツを選ぶことです。スーツ姿がビシッと決まっていない人というのは、概してスーツのサイズが大きすぎたり、小さすぎたりしているものです。そこで今回は、自分の体型にジャストフィットのスーツを選ぶために気をつけたいこととスーツのサイズ選びのコツについて解説します。

スーツを選ぶときに気をつけたいこと


■スーツを買うときには必ずシャツを着用すること■

スーツを買うときには、必ずシャツを着て試着しましょう。なぜならば、スーツの上着を着た感じや袖丈や襟まわりをシャツの出方を見るのに必要だからです。

■パンツの丈を直すとき、靴を履くこと■

パンツの丈は、スニーカーやサンダルではなく、スーツを着るときに実際に履く靴を履いて決めるようにします。

■スーツを試着し、動きやすさをチェックする■

スーツを試着する時、とくかく動いて、着心地をチェックしましょう。前に屈んだり、横を向いたり、腕を上げたりと、想定される動作をして動きやすいか、窮屈でないかを確かめます。

次のページでは、スーツを選ぶときのサイズ選びのコツを紹介します。



【関連記事】
■最新記事
第一印象をよく見せる方法 態度編
第一印象をよく見せる方法 スーツ編
ポケットチーフの正しい折り方、挿し方