スーツのサイズ選びのコツ


●サイズ選びのコツ その1
スーツと自分の肩幅を合わせる
スーツのサイズ選びの基本はまず肩を合わせること。肩をフィットさせることでスーツの着心地もよくなります。
スーツのフィッティングで一番重要なのは、上着の肩幅。自分の肩幅よりも大きな上着ではスーツに着られてしまい、だらしなく見えてしまいます。また、肩幅が合っていないスーツを着たときは着た感じも不自然で、なんとなく重く感じられるものです。逆に、肩幅がぴったり合っているものは、スーツの重みが肩に乗り、気心地も軽く、自然に着れます。

●サイズ選びのコツ その2
シャツ襟が上着から1.5センチ見える

スーツの上着を着た時に、シャツ襟が1.5センチくらい見えるくらいがちょうどよいサイズ。シャツ襟が全部隠れてしまう場合は、上着のサイズが大きすぎる可能性があります。

●サイズ選びのコツ その3
シャツ袖が上着から1.5センチ見える
スーツを着たときに袖と襟からシャツが1.5センチくらいバランスよく見えるのがジャストイサイズです。
襟と同じように、シャツ袖もスーツの袖から1.5センチくらい見えるのがよいです。ポイントはスーツの襟と袖口からシャツがバランスよく見えること。それがアクセントとなって、全体のコーディネートを引き締めます。

●サイズ選びのコツ その4
袖丈は、親指の付け根の少し上あたりに合わせる

スーツの上着の袖丈は、両手を自然に下ろした時、親指の付け根より若干上になるくらいの長さに合わせます。長すぎても、短すぎてもバランスが悪いので袖丈には細心の注意を払って下さい。

●サイズ選びのコツ その5
上着の着丈は、ちょうど手で掴める長さに合わせる

スーツの上着の着丈は、手を下げたときに上着の裾が手で掴める長さがベストです。

●サイズ選びのコツ その6
パンツ丈は靴下が見えない長さにする

パンツ丈の長さは、パンツのシルエットや好みで長さを調整しますが、基本は歩いたときにも靴下が見えないこと。修理の時に自分の靴を履き、かり留めをしたあと実際に歩いてみるのが一番です。

●サイズ選びのコツ その7
パンツのウエストは指が一本入るくらいがちょうどよい

パンツのウエストのサイズを調整するときには、あまり大きくしすぎないように。ブカブカのパンツはカッコよくは見えません。かり留めをしたときに、指が一本入るくらいがベストです。

●サイズ選びのコツ その8
肩とフロント部分にシワがよらない

スーツは大きすぎるのもダメですが、小さすぎるもの窮屈に見えます。そこで、上着を着たときにシワがよらないかをチェックします。ポイントは、肩とフロントのボタン部分。ボタンを留めたときに引っ張られるようになるのはサイズが小さい証拠です。

以上、今回は、スーツを選ぶために気をつけたいこととスーツのサイズ選びのコツについて解説しました。次にスーツを買うときはこれらを参考にして、自分の体型に合ったジャストフィットのスーツを選びましょう。

※記事の更新やコラムをガイドメルマガにてお知らせします。
登録はこちらから。


【関連記事】
■最新記事
第一印象をよく見せる方法 態度編
第一印象をよく見せる方法 スーツ編
ポケットチーフの正しい折り方、挿し方

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。