ブリフト アッシュがオープン!


ブリフト アッシュ
左が明石優さん、右が長谷川裕也さん。カウンター越しに靴を磨いてくれる。

靴磨き職人(シューシャイナー)の長谷川裕也さんが主宰するシューズラウンジ「Brift H」(ブリフト アッシュ)がプレオープン(正式には7月5日のオープン)した。

場所は南青山・骨董通りで、テーラー&カッターが入っているビルの2階で、ビルの右側に階段があるので上るとお店です。

これでまた骨董通りに行く機会が増えたので嬉しいかぎり。

長谷川さんは20歳のときに路上で靴磨きをスタートし、これまで出張靴磨きサービスや有楽町阪急で靴磨きパフォーマンスを行ってきた。

自ら行動することで、靴磨きやメンテナンスの大切さを広めてきたというわけだ。

そんな彼の情熱にメディアも注目し、テレビや雑誌などにも紹介されてきた。すでにご存知の方も多いのでは。

靴好きとはいえ、そこまでは・・・。


ブリフト アッシュ
靴クリームの調合やら、どこか錬金術師を思わせます(笑)。研究熱心な方です。

靴好きの多くは靴磨き好きだ。とうぜんお気に入りの靴クリームやブラシはあるはず。なかには独自の磨き方を習得したマニアもいるだろう。

では、毎日靴を磨いているかといえば、こんな人はいない。僕の場合、帰宅後にソールの汚れをナイロンブラシで落とし、純毛ブラシでアッパーとコバ付近を丹念にブラッシングする。後は木製シューキーパーを入れて終わり。

古いクリームを落として本格的に磨いたり、ソールのケアをするのは週に一度あればいいほうだ。

コバインキを塗るのは月に一回程度。まあ、靴好きを自称する人でもそんなものだろう。

ところが長谷川さんは毎日靴を磨いている。これまで磨いた靴の累積数はものすごいはずだ。

とうぜん革の質や傷み具合に合わせて、最適なクリームを塗布するなど、日々研究してきたに違いない。

彼はさまざまな靴クリームやポリッシュなどを実際に使用して、その特性を熟知している。

ここまで詳しい人はそういない。オールアバウトの靴ガイドを担当している飯野さんくらいだろう(笑)。

でも飯野さんは頼んでも磨いてくれないので、お金を払って長谷川さんにお願いすることになると思う。

次のページは、「サービスメニューも豊富!」です