ムーンビームの撮影で


ベルルッティのカフリンクス
ベルルッティのカフリンクス「アンディ」。シルバー製で作りはさすがにいい。私物。

テーラー アスコットでムーンビームのジャケットを撮影したのは、8月初旬の猛暑の日だった。とうぜん秋冬物の撮影なので店内で着替えることに・・・。

シャツは以前リッド テーラーで作ってもらったダブルカフのシャツを選んだ。カフリンクスはベルルッティのアンディにした。

というのもアンティーク以外これしかもっていないのだ(笑)。装着してみると靴が袖口に乗っているようで、なんとも可愛い。

[関連リンク]
贅沢なジャケット服地 ムーンビーム

いいシャツの見分け方


いいシャツの見分け方
身頃と袖の縫い合わせ部分のカーブに注目! サルトリア・カリエンドのフルオーダーのシャツ。

オーダーであれ、既成品であれ、いいシャツを簡単に見分けるポイントがある。身頃と袖の縫い合わせ部分のカーブである。

カーブがクイっと曲がっているほど袖付けが立体的ということもあり、しっかりと作られたシャツである可能性が高い。

また、シャツのデザインによって異なるのだが、背中や袖口がギャザー仕様になっているものも手間がかかるため、良質のシャツである場合が多い。

ナポリのサルトリア・カリエンドのシャツを手にとってあらためて確認できた。

[関連リンク]
ナポリの仕立て屋、サルトリア・カリエンド

次のページは、「ピエール・ラジェのパナマ帽」「バラスコリのバッグに魅せられる」です