ビジネススーツもちょっとデザイナーズ

ロゴ
パリ在住の日本人デザイナー、松下貴宏氏が手掛けるブランドです
ビジネスにも着られるけど、ちょっとぐらい遊びが欲しい。そんなスーツのセレクトができれば、もっとスーツが楽しくなるはずです。朝、会社に行くのも、もう少し楽しくなるのではないでしょうか。

金融やメーカーなど、業種によっては、真面目なスーツ以外許されないところもあるでしょう。しかし最近は、IT系やファッション、デザイン関連の業種なら、多少遊びのあるデザインスーツも許されます。かといって会社にディオール オムってわけにもいきません。

人それぞれの事情がある中で、今回は、エムズ ブラックをご紹介します。こちらは、パリ在住の日本人デザイナー、松下貴宏氏が手掛けるブランド。ガチガチのビジネスーツではない、ほんのりデザインの効いたエレガントなスタイルを手掛ける、「ビジネスにも着られる、デザインスーツ」です。

 トルソー
丸みのあるシルエットですが、きちんと見えるのでビジネス用にも最適です。スーツ88万2950円(エムズ ブラック)、シャツ1万2600円、ニットタイ1万1550円(ともにエディフィス)、チーフ3570円(フランコ バッシ)、タイバー1万4700円(ベルフィオーレ) 問エディフィス 渋谷 tel.03-3400-2932
エムズ ブラックのデザイナー松下貴宏氏は、かつて日本でいくつかのメンズブランドを手掛け、パリに移住。自身で「ブルー ブラック」というブランドを手掛けてきました。こちら“夜の遊び着”をテーマに、ちょっと遊んだ、ドレス&パーティ仕様のデザイン服のコレクションです。

エムズ ブラックは、より落ち着いた印象の大人のクロージングラインです。右の写真を見るとお分かりいただけるように、肩から胸にかけての丸いシルエットがやわらかく浮き上がり、エレガントな雰囲気を醸しだします。硬さがないうえに、上品な佇まいは、なるほどこれがパリのエスプリ(?)と、妙に納得してしまう説得力さえありますね。

生地は主にヴィンテージのテキスタイルをデザイナーが自らの足で探してきて使っています。こちらはモヘア混で少々硬めですが、スーツの雰囲気からはじつにソフトな印象です。

このエムズ ブラック、斬新かつ意外な特徴があります。そのあたりの秘密は次ページで、細かい部分を見ていきましょう。

次ページはディテールをご紹介します。