いよいよ夏の到来! 薄着になるのはもちろん、海やプールなど、外出先で着替える機会も多くなるはずです。そこで見直したいのがアンダーウエアです。とくにパンツは、見えないお洒落というよりも、もはや見えても良いお洒落。さらに直接肌に触れるアイテムですので、はき心地や機能性も妥協したくないものです。ブランド、デザイン、素材など、すべての要素を吟味して、納得のワードローブを揃えるべきなのです。

そこで今回は、おすすめのアンダーウエアをカウントダウン形式で紹介します。選考基準は「大人の男が本気ではける」タイプ。雑誌などの特集では、フォトジェニックなカラーやパターンを選びがちですが、今回は本当にはけるタイプに絞り込みました。では早速5位からです。

第5位:メイド・イン・ジャパンの実力派


Underwear Best5
4935円/ゲッコーBEYES表参道ヒルズ店 TEL:03-5785-0700)

2002年にスタートして以来、こだわり抜いた個性的アイテムをリリースし続けてきたドメスティックブランド、GEKKO(月光)。デニムが有名ですが、実はアンダーウエアもリリースしています。

素材にこだわるブランドらしく、ニットのようなソフト触感と風合いを特徴とする新種の超長綿「LUXIC(ラグジック)」を採用。そこにポリエステルを加えることで、アンダーウエア向きのフィット感も実現しています。

今回選んだのは夏にぴったりのショートブリーフ。フロントのカッティングを工夫し、股下のもたつきを払拭しているので、タイトな着こなしにも難なく使うことができます。

第4位:革命家の情熱が感じられるデザイン


Underwear Best5
7350円/ロムアンヴィジブル(Luscous Tokyo TEL:03-5577-4042)

L'homme invisible(ロムアンヴィジブル)はフランスのブランド。快適なはき心地を追求し、細部に至るまでこだわってアイテムを開発しているのが特徴です。繊細なファブリックを使い、現代生活に適応するよう、男性の体の自然なフォームに沿うパターンワークが取り入れられています。

そして今回は、縫い目が一切無いシームレスタイプのローライズボクサーパンツをチョイス。伸縮性に優れ、フィット感抜群に仕上がっています。

もちろん、フランスのブランドならではのデザイン性も魅力。そんな中でももっとも男らしいタイプを選んでみました。プリントされているのはお馴染みの「ゲバラ」です。チェ・ゲバラこと、エルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナは、アルゼンチン生まれの医師。後にマルクス主義の革命家となったキューバのゲリラ指導者です。

想像してみてください。革命家の魂を身に付けた自分を。行動が情熱的になって、仕事ぶりにも変革が起きるかもしれません。すでに品薄なので、急いで確保してください。

次のページでは、第3位と第2位を紹介します。