「喪中とは知らず、年賀はがきを送ってしまった」「喪中なのに、年賀はがきを受け取った」そんな経験をしたことありませんか。ご挨拶が一方通行だと、無用な心配が生じてしまうことも。近況報告やお礼、お詫びなど、松の内が明けてから寒中見舞いとして改めてご挨拶すると良いでしょう。

そもそも寒中見舞いとは

寒中見舞いはがき

年賀状だけのご挨拶になっている方もいるでしょう。翌年までご無沙汰にならないように寒中見舞いで近況をお知らせしてみては

寒中見舞いとは、厳寒期に相手を気遣ってお互いの近況を報告しあう季節の挨拶状です。喪中時のご挨拶だけでなく、年賀状の返信が遅くなってしまった場合や、季節のご挨拶程度の場合にもしばしば利用されます。

ちなみに寒中とは、二十四節気の「小寒(しょうかん)」と「大寒(だいかん)」にあたる期間で、寒の入り(1月5日)ごろから立春の前日(2月4日)ごろまでを表します。節分を過ぎると立春になりますので「寒中」ではなく「余寒」を使用します。寒中見舞いは松の内を過ぎてから(1月7日以降、1月15日以降とする地域もある)1月下旬までを目安に投函するのが一般的です。

喪中時の寒中見舞いに関する注意

寒中見舞いは暑中お見舞いと同じ季節の挨拶ですから、厳密な決まりごとはありません。そうは言っても、使われる言葉や文例はある程度決まっています。知人・友人でもフォーマルな文体でまとめたほうが無難ですし、年賀状とは違う落ち着いたデザインで仕上げたほうがよいでしょう。

白黒でなくてもかまいませんが、派手になりすぎないように、さわやかな雰囲気でまとめます。写真やイラストはOK! ただし初詣や日の出など正月をイメージする写真、干支など年賀状の定番である絵は使用しません。「冬」や「早春」を連想する花、草木、風景、また愛犬&愛猫、子供の写真などを入れることも大丈夫です。

寒中見舞いには余った年賀状を使用せず、一般の私製ハガキに書いて出します。「拝啓」などの頭語や「敬具」などの結語は不要です。

それでは、具体的な文例を紹介しましょう >>