イタリアのクリスマス(12月)

イタリアのイルミネーションは日本のものとひと味違ってシック

イタリアのイルミネーションは日本のものとひと味違ってシック

イタリアのクリスマスはナターレ。キリスト教の国であるイタリアでは、一年で最も重要なビッグイベントです。イルミネーションや巨大なツリー、プレセピオ(キリストの生誕を象ったイタリア式お雛様)で彩られた街は、クリスマスプレゼントのショーウィンドウも華やかで、いつにも増してロマンチック。寒さも一段と増しますが、夜の散歩を楽しむのもなかなかオツです。

12月のイタリアのお菓子「パンドーロ」や「パネットーネ」を食べよう

12月のイタリアのお菓子「パンドーロ」や「パネットーネ」を食べよう

12月8日頃から12月24日クリスマス・イブまで、お店はほとんど休日なしになり、日曜日でもお買い物ができる唯一のシーズンになります。

気になるクリスマス・バカンスは、12月24日午後から始まり、12月25日・26日は完全にお休み。27日から通常営業に戻る店が多くなります。

また、年末は12月31日の夕方からお休みになるお店がほとんど。日本のお正月休みよりは短いのですが、なかには、12月24日から翌年1月6日まで休む店もあります。

【祝日】
  • 12月7日 ミラノ 守護聖人の日
  • 12月8日 聖母受胎の日(インマコラータ・コンチェッツィオーネ Immacolata Concezione)
  • 12月25日 クリスマス(ナターレ Natale)
  • 12月26日 聖ステファノの祝日(サント・ステファノ Santo Stefano)
【イベント】
各地でクリスマス市やイベントが開催されます。



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。