里芋の旬っていつ?

里芋は夏から秋にかけて収穫され、土の中に埋めて貯蔵され、年中出回っている野菜です。その中でも9月~11月に収穫されたものが特においしいと言われています。また、初夏にはトンネル栽培された早掘り里芋が収穫されています。

地域ごとの旬は次のようになっています。
  • 8月~12月は関東を中心とした産地のものが旬を迎えます。千葉県、埼玉県が代表の産地です
  • 10月~3月は九州を中心とした産地のものが旬を迎えます。鹿児島県、宮崎県が代表産地です。これらの産地は早掘りもしています


里芋の種類と時期について

里芋は植えつけた種芋に親芋がつき、親芋に子芋・孫芋がついてきます。品種は親芋を食べる親芋用品種、子芋・孫芋を食べる子芋用品種、どちらも食べることのできる親子兼用品種があります。

子芋品種
丸くてころころとした子芋。写真は「土垂」です
■子芋用品種
子芋用:
里芋の主流品種は丸くてころころとした形をしたものになります。粘りが強く柔らかい「土垂(どだれ)」は関東を中心に出回っており、年中食べられます。7月~8月に出回る「石川早生」は小型でコロンとしていて、皮ごとゆでてツルンと剥いて食べるきぬかつぎにぴったりです。

親芋品種
皮がたけのこみたいで、太くて長いさといもです
■その他の品種
京芋:代表的な親芋用品種の「京芋」は別名「たけのこ芋」とも呼ばれ、たけのこの皮に似た皮を持っています。秋から冬にかけて出回り、ほくほくしていて煮崩れしにくいので煮物に向いています。関西でよく食べられています。

八つ頭:親芋用でひとつの種芋から芽が八方に突き出る形をしています。正月に食べられるおめでたいさといもです。

えび芋:親子兼用で形がえびによく似ています。関西では正月に食べられています。

ずいき:さといもの茎のことでいもがらとも言います。生のものと乾燥させたものがあり、汁の実や酢の物にします。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。