今年は、去年と違うクリスマスを!
 
もうすぐクリスマスです。ご家族と、友人と、恋人と、今年も素晴らしい時間を過ごされることと思います。しかし薄毛を気にしているあなた。そのためにどうしても消極的なクリスマス・シーズンになってはいませんか?

そこで今回は、"薄毛に似合うファッション"をご提案。一皮むけた新しいあなたをアピールし、素敵な聖夜を送ってください。

基本は、知的でダンディ。流行の深追いはNG!

髪の毛の薄い人には、一般的に大人っぽい服装が似合います。"外国の大学教授(もちろん、薄毛)がトラッドでキメている"のなど、そのお手本でしょう。逆に、子ども過ぎるもの、学生の様な格好は、似合いません。特に、流行を追ったカジュアルは、要注意。知的でダンディ、それが薄毛ファッションの基本ですね。
ですからこの時期、たとえばパーカーの上にダッフルコート、ジーンズよりは、タートルセーターにローデンコート、ウールのトラディショナルパンツの方が、断然お薦めです。
色に関してはクリスマス・カラーを楽しみたいのですが、やはり落ちついた色の方が無難でしょう。特にトップス(服の上部)に濃い目の色をもってくると引き締まった印象となり、知的さが引き立ちます。

この季節だから、帽子やマフラーを利用しよう!

冬のオシャレには、帽子やマフラーは不可欠。それらを使ってのイメージアップも、クリスマスならではの作戦です。

右がミニョン巻き。左がオーソドックスなタイプ。首が長いと、ミニョン巻きもイケてます。
薄毛はどうしても、首から上が寂しい印象を受けます。それを助けてくれるのが、マフラーです(帽子も同様の働きがありますが)。つまり上半身にポイントをつくって、印象をアップさせるわけです。
巻き方は、今大人気の"ヨン様巻き"(ミニョン巻きといいます)も悪くはありませんが、首が太かったり短かったりすると結び目がボテッとした感じになる危険性も。そんな場合は、オーソドックスな巻き方が、シャープで知的な感じがして良いかもしれません。

帽子は薄毛を隠してくれますし、全体の雰囲気づくりにも有効です。ニット帽、コットンハット、ハンチングなど、帽子には様々な種類があり、その中にはあなたの顔のタイプに合ったものが必ずあるはずです。まず顔に合わせて充分に吟味して、そこから全体のファッションをコーディネイトしてもいいですね。
一般的には、ニット帽が似合うのは面長、大人びた顔にはコットンハット、ハンチングなら顔の小さい人、などと言われますが、人の目鼻立ちは千差万別です。ですから似合う度合いも様々。以下をヒントに、色々なものにチャレンジしてみてください。

●丸顔の人:丸い形の帽子が似合う
●四角い顔の人:角ばった帽子が似合う
●面長の人:比較的オールマイティだが、高さの低いものがより似合う

ただし問題は、帽子を脱いだ時のイデタチです。先ほど"子ども過ぎるものはNG"といいましたが、帽子があればグッドでも、脱いだ途端におかしく感じるチープで軽?ファッションは避けましょう。

メガネは、知性を演出できる最強のアイテム
また、薄毛にとてもマッチするのが、メガネです。メガネは知性を象徴するものでもありますから、知的なファッションが似合う薄毛の人とは相性が良いのです。NGなのは、ごつい感じのもの。やはり薄毛に似合うのは、フレームの薄い精悍な感じのメガネです。