文章 : 佐藤 明男(All About「男のヘアケア」前ガイド)
12月~1月といえば宴会シーズン。食事の栄養バランスが偏りがちなこの時期は、ヘアケアにも悪影響を及ぼしがちな季節です。
そこで、髪の毛の健康を気にするあなたに、宴会メニューの中でも気をつけたい食べ物、逆に、積極的にとりたい食べ物などを、忘年会、おせち料理の中からピックアップしました。

宴会に付き物のお酒は、やっぱりNG!?

髪にも体にも、お酒は“適度”がやはり一番
 
まず宴会に欠かせないのが、お酒。「宴会とはお酒を飲むための会」とキッパリといい切る人もいるくらいです。最初に、このお酒について考えてみましょう。
アルコール自体が髪の毛に直接悪いということはありません。ストレスは髪の毛に悪いのですが、お酒を飲んでストレスを発散できるなら、髪の毛にとってプラスの存在だとさえ言えましょう。
しかし、お酒を飲み過ぎると、髪の毛を構成する栄養素のタンパク質をつくる臓器・肝臓が弱ります。つまり、深酒は間接的に髪の毛に悪いということになりますね。

もちろん宴会でお酒を飲まないのは、つまりません。「飲むな!」というのは酷な話ですので、"深酒を頻繁に繰り返すことは、やめましょう"というアドバイスにとどめておきましょう。

気を付けたい食べ物は、こんなにある!

まず、髪の毛に悪いと思われる食べものには、
塩辛いもの、動物性の脂を多く含んだもの、刺激の強い香辛料
──などがあります。ですから宴会での料理も、これら以外をチョイスして食べましょう。メニューとしては、次のようなものを食べ過ぎないように。

【宴会メニュー】
・豚の角煮 ・キムチおよびキムチ鍋 ・ソーセージ ・塩辛 ・フライ類および揚げ物 ・エビチリ ・マーボ豆腐 ・揚げ餃子 ・スペアリブ・ その他
※調理油に関しては、動物性油脂を使用したもの

特に空腹時は、手応えあるものに箸が伸びる!?
 
ガイドの友人に「体に悪いものほど美味しい」といった人間がいましたが、まさにみなさんの好きなものの名が挙がっていますね。上記はほんの一例で、この他にも宴会では、脂っこいものや辛いものがいっぱい出されるはず。注意しましょう。

ただこれらも、使われる素材によって善し悪しは大きく違ってきます。たとえばフライ類。鳥肉は脂分が少なくタンパク質を多く含んでいます。それを植物性の油で調理したのであれば、特に髪に悪いメニューだとは言えません。しかし、脂身の多い豚肉をラードなどの動物性油脂で揚げたりすると、髪に良く?いメニューになってしまうのです。

【おせち料理】
・塩辛い数の子(醤油につけてあったりする)
・脂の多い肉を使った料理 ・塩辛い佃煮類 ・その他

伝統的おせち料理には、髪の毛に悪いものは少ないといえます。ただし、保存がきくおせち料理には、塩分を多く含んだものも少なくありません。塩分の取りすぎはやはり控えた方がよさそうです。
最近では、宴会メニューのようなものを盛り込んだ洋風おせち、中華おせちを用意する家庭もあるので(上記【宴会メニュー】がそのままお重に入っていたりします)、その場合もご注意を。