腹筋下部のトレーニング


【ニートゥチェスト】
25回/3セット
スタート 足を伸ばして座り、手を腰の後ろについて、両足を上げます。 <br>

(1)スタート
足を伸ばして座り、手を腰の後ろにつきます。両足を30cm程度(足一つ分)上げ、膝を軽く曲げます。両膝、足首をつけましょう。
フィニッシュ 膝を引き寄せます。
(2)フィニッシュ
膝を胸に引き寄せます。この時に背中を丸め、お腹をのぞきこむようにしましょう。膝が開かないよう注意してください。この位置で息を吐きます。

【レッグソラスト】
20回/3セット
スタート 仰向けに寝て腿を垂直にします。膝を少し曲げましょう。

(1)スタート
仰向けに寝て、腿を垂直に持上げます。両膝をくっつけてから少し曲げましょう。手は腰の横におきます。
フィニッシュ 腰を丸め上げましょう。

(2)フィニッシュ
腰を丸めお尻を持上げます。足の上下動作だけにならないようにしてください。手の力は抜いて、腕で腰を持上げないように注意しましょう。この位置で2秒止めます。

【Vシット】
20回/3セット
仰向けで両足を少し持上げます

(1)スタート
仰向けに寝て、両足を上げてください。この時に腰を反らないように注意します。両腕を伸ばして手を床につけましょう。
※動作中腰を痛めないようにするため、床を腰でおさえつけましょう。
つま先にタッチします

(2)フィニッシュ
両足と上半身を持上げ、つま先を両手でタッチしましょう。アゴを引いてお腹を覗きこみます。この時に足を垂直より持上げず、上半身をなるべく高く上げるようにしてください。



腹筋は特別な器具がなくても自宅で十分にトレーニングできる部位なので、徹底的に鍛えてくださいね。

【最近の記事】
あなたに合ったトレーニング方法はこれ
1日5分体に投資!「胸・腹」編
1日5分体に投資!「腕トレ」編


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。