夏ももう間近だけどお腹がちょっと出っ張っている……。シャツから見える腕がだらしない。だけど、夏までには何としてでも引き締まったカラダを手に入れたいという方に、今回はちょっと気をつけるだけでも効果的な3つの食事ポイントをご紹介します。たった3つのポイントをおさえるだけでカッコイイ引き締まったカラダを手に入れられますよ!

食事で脂肪を減らす3つのポイント

3つのポイントをご説明する前に、大前提となるのが消費カロリー>摂取カロリーという図式。どんなに優れたダイエット法や食事法であっても、摂取カロリーより消費カロリーが少なければ脂肪は減りません。最近体重が少しずつ増えてきたという方はまず摂取カロリーそのものを減らし、エクササイズも取り入れて消費カロリーを増やしましょう。

では、食事のときにちょっと気をつけたい3つのポイントをご紹介致します!
1.食事から極力脂質を外す
2.夜10時過ぎの食事は控える
3.炭水化物はグリセミック指数(GI値)が低いものを選ぶ


この3点が大切。それぞれを詳しくご紹介します。

ポイント1:食事から極力脂質を外す

マヨネーズに含まれている油
卵1個に対して油200ccでマヨネーズは作られます。下に見える黄色いのが卵、他は油です
食事から脂質を極力外すといっても、何も油を使った料理は一切食べるなというわけではありません。例えば揚げ物は控える、焼肉より刺身にする、肉はカルビではなく鳥の胸肉やささみにする、パンはトーストよりベーグルやマフィンにするなど、思いつくだけの簡単なものでよいので、それを実践してください。

実は、脂質1g=9kcalに相当します。ですから、ちょっとした心がけでかなりの摂取カロリーを減らすことができるのです。マヨネーズは大さじ一杯で何kcalかご存知ですか? 何と93kcalもあるのです! フレンチドレッシングでも大さじ一杯50kcalもあるのです。飲み会や外食でマヨネーズやドレッシングがたくさんかかったものを想像してみてください。マヨネーズやドレッシングは大さじ一杯どころではなく、3杯分以上ついていたりしますよね。それが全部減らせるカロリーですからそこはぐっと我慢して何もつけずに食べましょう。

と言っても、脂質を全てカットするのもおすすめしません。脂質は関節やホルモンを作る材料になるなど大切な働きもあるので、完全にカットするのではなく、思いついた脂質が含まれているものをなるべく摂らないように意識してください。

ポイント2:夜10時過の食事は控える

寝る前に食べると太るというのを聞いた事がありませんか? 実はつい2年前までこの理由はよく分かっていませんでしたが、2005年に日本大学薬学部の榛葉繁紀専任講師らがその理由を突き止めました。

この研究で、就寝前に食べると太るというのは、生体リズムを調節しているタンパク質が細胞内への脂肪の蓄積と密接に関係していて、このタンパク質が午後10時から午前2時頃に体内にて最高値となり、最も少ない午後3時の約20倍にもなることが分かりました。そういった研究結果を踏まえ、夜遅い時間に食べるほど同じカロリーを摂取しても太りやすいということなので、夜10時以降の食事は避けるようにしましょう。


次のページでは最後のポイント「グリセミック指数が低い炭水化物を摂取する」を解説致します。