エクステリアデザインは大きなSクラス

エクステリアは、大きなW220のSクラスといった雰囲気。

日本では、マイバッハ 57は2~3割がオーナードリブン、マイバッハ 62ではほとんどがショーファードリブンだ。そのエクステリアデザインは、アドバンスト・デザインセンターオブジャパンの提案がベースとなっている。そのデザインは、絶対的な大きさは異なるものの全体のプロポーション、逆台形のグリル、フードマスコット、二つの楕円を合わせたヘッドライトなど、大きなW220のSクラス、つながったテールライトはこれまた大きなW140のSクラスといった雰囲気だ。

逆台形のグリル、フードマスコット、二つの楕円を合わせたヘッドライトなど、サイズは違うもののW220のSクラスの雰囲気。

グリルからボンネットフードを上り、そのままキャビンからトランクをテールライトの左右に沿ってつながるラインは、そのままグルッと一周する閉じた線だ。また同様、ボディサイドのベルトライン下のクロームラインもテールライトに沿って下に降り、リアオーバーハング部で前に戻り、サイドシルに沿ってドア下を流れ、フロントオーバーハング部でバンパーからウィンカーへ上り、ベルトライン下のクロームラインに再び戻る、これまた閉じた線になっている。2トーンのボディカラーは、このラインに沿って塗り分けられるが、その場合実にクラッシックな雰囲気を醸し出すことができる。

テールライトのグラフィックはW140、トランクとテールライトの造形はW221のSクラスの雰囲気。グリルからボンネット、キャビン、トランクを縁取るラインは閉じた線。