ゆっくりと時が流れるスパ&ロイヤルゲストハウス

 
ハウステンボスにあるスパ「RINウェルネス」

「スパに行ってみませんか?」。次に案内されたのは「The Life Spa RINウェルネス」。ここでパーツリフレッシュメントを受けるという。

何と窓の外には森が広がる。

「窓のない都会のスパと違って、ここの窓からは森が見えるんです」。トリートメントを受けながら、ぼんやりと窓の外に目をやる。真にリラックスできる環境だ。静かに、ゆっくりとした時間が流れていく…。

天皇皇后両陛下も宿泊された「迎賓館」

「そろそろお腹すきませんか?」。スパの次には食事。良く利用するのは「迎賓館」内にある「エリタージュ」。フレンチ界の巨匠故アラン・シャペル氏の愛弟子だった、あの上柿元勝(かみかきもと まさる)氏が名誉総料理長を務める。地元で採れた海の幸、山の幸はもちろん、世界中から集められた最上級の食材で作られる、彼の料理はまさに芸術品だ。

「エリタージュ」のコースイメージ。 画像提供:ハウステンボス

「迎賓館」は運河に浮かぶ白亜の館。天皇皇后両陛下も宿泊された、ロイヤルゲストハウスだ。「たまに家族で泊まることもあるんですが、この部屋から望む景色も最高です」。

広いリビングルームとしつらえられたヨーロッパの調度品。

客室は180平方メートルの広さの中に、2つのベッドルームと2つのバスルーム、リビングルーム。そしてヨーロッパの重厚な調度品がしつらえてある。こんな所に一度は泊まってみたい。

朝起きて、こんな景色が見えたらどんなに幸せだろう。ハウステンボスの面積は、モナコ公国とほぼ同じである。