スズキが本気で世界を狙いにいった渾身の一台

スズキスイフト フロント
どことなくヨーロッパ車に通じるデザインテイストのあるスイフト。見た目だけでなく、しなやかだけど腰のある乗り心地もヨーロッパ車っぽいと評判になりました
気づけばこんなに値落ちしていて「おいしい!」という中古車をご紹介しているこの企画。今回は50万円以下から見つかる良質なコンパクトカー、現行型スズキスイフトをご紹介します。特に「50万円以下なら、どのコンパクトカーでも買えるんじゃないの?」とか、「スズキと言えば軽自動車でしょ?」などと思っている方には、ぜひ一読をオススメいたします。

2004年11月に登場したスイフト。スズキが本気で世界を狙いにいった渾身の一台です。何しろヨーロッパでデザインや走行性能が入念に練り上げられたというほどの力作です。生産も日本以外に、ハンガリー、インド、中国でも行われています。

見た目は、欧州のライバルにもひけを取らない、シンプルかつ力強いスタイルを持っています。一方でインテリアは日本メーカーらしい、質感の高い仕上がりになっています。日本ではトヨタヴィッツやホンダフィットなどが強力なライバルですが、販売面ではかなり健闘しています(ちなみにヴィッツやフィットも海外で販売されています)。

スズキスイフト リア
当初は1.3Lと1.5Lモデルでデビュー。2005年9月には1.6Lのスポーツが加わります。さらに2007年5月には1.2L+CVTモデルが追加されました
そんなスズキの世界戦略車スイフトですが、やはりヴィッツやフィットに比べると、大きなブランド力もなく、日本人ウケしそうな装備はありません。そのため、中古車市場ではこれら2台と比べるとかなりお買い得な価格で売られているのです。

例えば、同じ2006年式の1.3Lモデルで比べてみましょう。トヨタヴィッツ●1.3F 49万9000円 走行距離5.5万km スズキスイフト●1.3XG 47万8000円 走行距離1.8万km。ちなみにヴィッツは純正DVDナビが付いている物件ですが、車検は切れています。一方スイフトはナビなしですが、車検が2009年10月まで残っています。走行距離でみれば、スイフトのほうがお買い得ではないでしょうか。

しかし、実はスイフトでオススメしたいのは1.3Lモデルではありません。次ページで私がオススメするグレード、1.2LのXGについて見ていきましょう。