豪華なロイヤルサルーンGのインテリア

表面的な価格でアスリートが上位にきたといっても、クラウンのバリエーションの中心がロイヤル系であることは変わりません。ロイヤルサルーンGにオプションを全部付けて一番最初に納車しろ、なんてオーダーを出すユーザーがまだまだたくさんいるのがクラウンというクルマです。

オプションのマークレビンソン社製オーディオは26.6万円
ロイヤルサルーンGに用意されるオプションは本革シートが18万円で、マークレビンソンのプレミアムサウンドシステムが26.6万円などが大きなものですが、これらを装着すると軽く500万円を超えますから、トータルする3.0ロイヤルサルーンGのほうが高いクルマになります。

ほかにも30万円のナイトビューや7万円のレーダークルーズなど、ロイヤル系の上級グレードだけに設定されるオプション装備もいくつかあります。やはりクラウンはロイヤル系を抜きにしては語れません。

ロイヤルサルーンGの価格は従来のモデルに比べて40万円ほど、またロイヤルサルーンは20万円ほど高くなっていますが、これは装備や仕様の向上によって十分に納得できるものとなります。緊急ブレーキ連動方式のプリクラッシュセーフティが用意されたことだけでも大きなポイントです。

従来のモデルとの価格差で言うと、2.5のロイヤルサルーンは従来と同じ価格ですし、ロイヤルエクストラもわずか3万円高の設定です。このあたりは意識して横ばいになるような価格にしたものと考えられます。立ち上がりの時点では3.0ロイヤルサルーンGが良く売れるでしょうが、長期的に見れば2.5ロイヤルサルーンあたりが売れ筋になるはずだからです。

ロイヤル系の2.5L車を買うとなると、カーナビをオプション装着しなければなりませんし、ほかにもSRSサイド&カーテンエアバッグやバックガイドモニターなどのほか、細かなオプションの中にも装着したいものが多いのですが、それでもベースとなる車両本体価格が300万円台の前半なのですから、たっぷりオプションを装着しても400万円くらいまでで収まります。長期的に見て2.5ロイヤルサルーンが売れ筋になるのは当然といえるでしょう。

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。