この春、新社会人として新しい生活を始める人も多いでしょう。給料を得られる立場になったので、時期を見てクルマを買おうと思っている人も多いはずです。そんな人達のために始めのクルマ選びをアドバイスしておきましょう。

まず第一に、クルマにはけっこうお金がかかることを覚悟してください。初めてクルマを買う人にはそれが分からないため、自分の収入に対して無理な買い方をしてしまうことが多いものです。簡単にいえば、クルマを持つようになると、月5万円くらいは余分にお金が出ていきます。これを頭に入れて購入予算を立てることです。うかうかすると、クルマは買ったけど、余裕がなくてガソリン代も出せないなんて笑い話のようなことになってしまいます。

クルマを持つとなぜお金がかかるのかいくつかの例を紹介しましょう。まずは駐車場代です。家に無料の駐車場がある人は別ですが、月極の駐車場を借りるとなると、地域によって料金はさまざまですが、数千円から数万円の出費になります。仮に1万円だとしても結構な出費です。


次にかかるのが自動車保険料です。これはクルマ購入時に強制的に加入させられる自賠責保険とは違ってユーザーが任意で加入する分の保険料です。自動車保険料は加入の仕方によっても大きく変わるのですが、新社会人のように年齢の若いドライバーは比較的高い保険料を負担させられます。これはクルマ購入時に車両代金と一緒にローンを組むことも可能ですが、月払いにすると1万円では足りないことも多いでしょう。

さらにクルマを持っていると毎年5月に自動車税の納期がきます。これはエンジンの排気量によって決まりますが、1500ccまでのクルマでも毎年3万4500円。1カ月当たりで3000円弱の出費です。また整備費用も2年ごとの車検代が自動車重量税や自賠責も含めて15万円の出費になるとすると、1カ月当たりでは6250円の出費です。


整備関係ではほかにも12カ月点検を受けなければなりませんし、クルマを使えば走行距離に応じてオイル交換やタイヤ代などさまざまな出費が発生します。それ以上にガソリン代や高速代などが距離を走った分だけ発生しますが、これも相当な金額になります。

このように考えると、クルマがなかたっときの生活とクルマを買った後の生活とでは、出費構造に大きな違いがあることが分かると思います。クルマ関係のいろいろな費用を計算すると、クルマを持ったことで月に5万円くらいは余分に出て行くというのが分かると思います。