スバルらしい多人数乗り車

自然吸気エンジンを積む「2.0i」「2.0i-L」「2.0i-S」と、ターボエンジンを搭載する「2.0GT」(写真)の4グレードがラインアップ。自然吸気エンジン車には、AWDだけでなくFFも用意。価格199万5000円~278万2500円

栄えある2008-2009日本カー・オブ・ザ・イヤーの特別賞「MOST FUN」を受賞したエクシーガ。「MOST FUN」というと、これまでスポーティなクルマのための賞というイメージが強かったところですが、エクシーガは3列シート車として歴代初めて受賞するという快挙を成し遂げました。

授賞理由は、『ドライバーだけでなく、従来の7人乗りのパッケージでは難しかった「2列目、3列目シートの同乗者全員もドライブの楽しさを共有できる」点が評価された』とのことです。

エクシーガのボディサイズは4740×1775×1660mm。ホイールベースは2750mmと、インプレッサよりも130mm長い。写真の奥に見えるのは立山連峰

レガシィ・ツーリングワゴンをひとまわり大きくしたようなスタイリングは、かねてから「レガシィのような雰囲気の3列シート車が欲しい」という声が少なくなく、それに応えてのこと。スバル車が好きなのに、家族が増えて選ぶべきクルマに迷っていた人にももってこいでしょう。

スタイリングはレガシィの兄貴分っぽいですが、メカニズム的には「SIシャシー」と呼ぶスバルの新規プラットフォームがベース。これは現行インプレッサやフォレスターと共通となります。エクシーガのことが、広報資料には「スバルらしい多人数乗り車の提案」と記されており、ミニバンとはひとことも書かれていないのも印象的です。

2列目、3列目と後席にいくにしたがいヒップポイントが70mmずつ上がるシアターシートレイアウトを採用し、後席でも見晴らしのよい視界を実現。大開口のパノラミックガラスルーフとともに後席乗員に開放感をもたらす

そんなエクシーガの「MOST FUN」ぶりを探るべく、都内を抜け出て、冬の日本海までを走破しました。グレードは、エクシーガをもっとも象徴する、ターボ+AWDの「2.0GT」。一番の売れ筋モデルです。サファイアブルー・パールのボディカラーがよく似合います。

まずは、車内の居住性が、外見からイメージするよりもけっこう広いことに感心。大きな面積を持つ固定式ガラスルーフ「パノラミックガラスルーフ」がもたらす開放感が、後席の乗員からも大好評でした。

次ページで走りの印象を