文章 : 高山則政(All About Japan「カーメンテナンス」旧ガイド)

誰でもガソリンスタンドで給油する時に、「水抜き剤」の注入を勧められた経験があるのではないでしょうか?「ガソリンタンクに水が溜まっていますよ!」と言われたりしますが、本当のところはどうなのか大いに気になるところです。また、そのケミカルの効用というのも気になるところです。

タンクの温度差で水が溜まる?
 燃料系に添加するケミカルとしてメジャーな製品に、燃料タンクの水抜き剤というものがあります。給油時に店員さんに勧められて、何だか分からないけどとりあえず入れてみようか、スタンドでは燃料以外買わない、など反応は様々だと思います。また、カーショップのケミカルコーナーに必ず並んでいる製品なので、使ってみたことのある人も多いと思います。

 燃料タンクに水が溜まる可能性というのは、確かにあります。要因の1つとしては、日常生活で良く経験する結露が挙げられます。タンク内が常に燃料で満たされていれば大丈夫ですが、ある程度燃料を消費すればその分、空間ができてしまいます。その空間に湿気が含まれていると、外気温の低下などでタンク内の空気が冷やされた場合に、飽和して余った蒸気分が水滴となってタンクの壁面に付くようになると考えられます。また、粗悪な燃料もしくは設備からも水が混入する可能性があるようです。

 タンクに水分が溜まると、金属製タンクでは(最近は樹脂製も出てきました)には、サビの発生が問題になることがあります。特にバイクの場合は顕著なので、長期保管する時は満タンにするなど管理に気を使うそうです。ただし、クルマの場合バイクほど外気にタンクがさらされていないのと、ガソリンの蒸気を大気に放出しないような処置がされているためか、極端に水が発生することはなさそうです。

水が溜まるとどうなるか?
 混じり合うことのないことの例えで「水と油」などと言ったりしますが、燃料タンクに水が入るとどうなるでしょうか。まず、水は燃料より比重が重いのでタンクの底に沈殿し、走行中の揺れで深海生物のように底をさまよっています。揺れが強くなると、ドレッシングを振った時のように浮き上がったりしますが、この時に燃料ポンプで吸い上げられるとエンジンまで送られてしまいます。
 当然水は燃えないので、ガス欠のような症状が瞬間的に出てギクシャクすることになります。症状の強弱は、中に溜まっている水分の量で異なってきますが、結露で溜まる程度を想定すると、日常使用では気が付かない位のレベルだと思います。その状態で気が付かないとすれば、沈殿した水によってサビが進行する恐れがあります。そのサビがフィルターや燃料パイプを詰まらせることも考えられます。

 ディーゼル車では燃料フィルターに水を分離させるパーツが付いていて、ある程度溜まるとインジケーターで知らせるようになっています。この辺の事情は詳しくないのですが、軽油は水分を含みやすいようです(誤認識あったらすいません)。また、話はかなり飛びますが、タンカーなどの船舶では燃料に海水が入るケースも珍しくないそうです。

10年間乗ったクルマのタンクを覗いたけど・・・
 仕事で10年落ちのクルマを分解し、燃料タンクの中をのぞいて見たことがあります。前オーナーの使い方などは分からないため(クルマの程度は乗りっぱなしという感じ)、どこかで水抜き剤を使用していたかも知れませんが、内部には水滴のようなものは一切見あたらず、非常にきれいな状態でした。この状態から察すると、効用以前に必要性がギモンになってくるのも事実です。

 とはいうものの、金属製タンクキャップの裏が白くなったり、サビが出る場合も見受けられるので、水分による悪影響がでるのもまた事実。特に、キャップのところは一番先に空間ができるので、結露ができやすいのかも知れません。ただし、現在は樹脂キャップが主流なので、サビは起こりません。

水抜き剤の効果とは
 水抜き剤の主成分はアルコールですが、水を溶かし込む作用があります(お酒みたいなもの?)。ガソリンに水を入れると分離していますが、水抜き剤を入れてかき混ぜると境界が分からなくなってしまいます。こうすることでタンクに混入した水をエンジンに送って燃やしてしまうのが水抜き剤の役目であり、水が入っていた場合は効果が期待できる製品といえます。

 ただし、単なる水抜き機能でアルコール主体となれば価格は安いハズです。選ぶなら、カーショップで一番安い製品で良いのではないかと思います。でも、クリーンアップやパワーアップ効果にプラスして水抜き効果を謳う製品もあります。サイフに余裕がある人は、こちらを試してみるのも良いかも知れません。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。