取り回しの確認が必要

インパネ
マツダ初のセンターメーターを採用。速度計や回転計などは最小限の視線移動で済むが、エアコンや時計などが表示されるメーターは遠くに感じる。メーターの質感はまずまず。インパネシフトには23Sにもマニュアル操作用のゲートはない
フロントシートからのアイポイントは、ライバルよりも低めだ。とはいっても数台先まで見通す見晴らしのよさは十分確保する。ウインドは前後・左右とも十分にある。しかも三角窓も大きめだ。気になるのがAピラーの位置と太さで、狭い場所での右左折などではやや視界の邪魔になる。全幅も5ナンバー級のミニバンよりも意識させられるサイズだから、取り回しも重視するなら試乗して確認したいところだ。

シートサイズは小さめ

2列目
2列目はマツダ自慢の横スライド、前後スライドが可能。2列目はシートサイズ、足もと、頭上クリアランスともに十分に広い
全席とも乗降性の良いビアンテだが、3列目へのアクセスはフロアの段差が少々気になるところ。

2列目は、最大で863mmもの足もとスペース長を誇るリビングモードが自慢だ。エスティマと同様のアイディアだが、こうすると3列目はチップアップさせるため着座はできない。8人乗りのビアンテは、2列目をくっつけてベンチにすれば3人掛けとなる。横のスペース的には十分だが、中央の着座感はもう少し。3列目の中央も同様だ。

そのサードシートは、空間自体はたっぷりと広いものの、フルフラットやチップアップなどのアレンジを重視して座面、背もたれともミニマムという印象だ。せっかくの空間がもったいない気がするが、8人乗りの機会を考えると、フル乗車時の着座よりも使い勝手を優先したのは妥当だろう。そう、3列目は跳ね上げ式ではなく、チップアップを採用。荷室長よりも毎日の使いやすさを考慮した結果だという。

ライバルよりも圧倒的に広い空間を得たが、その分大きく、重くなっているのも事実だ。ユーザーがどういう判断を下すかが興味深い。

次回は走りを中心にビアンテの印象をお届けしよう。

「ミニバン・SUV」のメールマガジンの申込はこちらまで


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。