良い意味で個性的

ムラーノフロント
ひと目で分かる「ムラーノらしさ」を継承しつつ、より圧倒的な存在感を持つプレミアムSUVとして開発された。初代よりもよりスポーティになったフロントマスクが印象的

先代のムラーノは本来アメリカ市場でのみ販売するハズだった。しかし「日本でも販売したい」という日産上層部(ゴーン社長らしい)の強い意志により、右ハンドルモデルを急遽ラインナップ。日本でも販売することになったのは有名な話。

例えばスタイリング。先代ムラーノは日本人の感覚だと「良くない意味で個性的」(アクが強すぎ、と言い換えてもいい)。アメリカ市場だと全く違和感ないものの、日本だと完全に浮いてしまう。
ムラーノリア
新型プラットフォームを採用することで、よりスポーティでしっかりとした走り、さらに静かで快適な乗り心地を実現した

その反省もあったのだろう。新型ムラーノを開発するにあたり、当初から日本市場なども意識し、個性を残しながら万人に受け入れられるスタイルとしている。私も先代ムラーノはダメだったけれど、新型ならカッコいいと思う。

インテリアも「ブラック&ホワイト」に代表される派手な色遣いを売りにしていた先代と全く違い、素材の質感&デザイン共にグレードアップ。「SUV版のティアナ」と言える上質な雰囲気に仕上がっている。シートもティアナに似た柔らかい座り心地(布シートの方が顕著)。なかなか気持ちいい。