様々なメディアでGT-R(スカイラインGT-Rでなく日産GT-Rという車名になる模様)が今回の東京モーターショーの主役扱いとなっている。日産も相当意識しており、10月24日のプレスデーまで全く情報を流さない作戦。こういったモデルを「サプライズ」と呼ぶ。GT-Rの詳細はもうしばらくお待ち下さい。

GT-Rばかりではない

インティマ・フロント
次期ティアナであるコンセプトモデルの「インティマ」

さて。GT-R以外の出展車が面白くないのかとなれば、そんなことありません。コンセプトカーも見応え十分。まず来年春に発売されると予想されている次期ティアナになる「インティマ」から紹介していこう。このコンセプトカー、写真を見て頂ければ解る通り「和製ベンツCLS」といったイメージ。現行ティアナのスタイリングも悪くなかったが、強い個性もない。「インティマ」はクリーンでありながら美しさも兼ね備えておりなかなか魅力的である。

インティマ・リア

インティマ・内装
クリーンなデザインが特徴的なインティマ。インテリアは「モダンリビング」の解釈を発展させたようなスタイル

インテリアも現行ティアナ以降日産が展開してきた「モダンリビングインテリア」を発展させており、居心地が良さそうな雰囲気。ショーモデルのエンジンはV6クリーンディーゼルとなっているが、来年春に次期型ティアナが出るタイミングに間に合わず、あとから追加されることになるだろう(来年春の時点でのラインナップは、2.5リッターと3.5リッターのV6か?)。

ラウンドボックス
1.6リッター直4ターボを搭載する「ラウンドボックス」。コンセプトは「4人で楽しめるオープンカー」

市販時期などに関するアナウンスはしていないけれど、4シーターオープンモデルである「ラウンドボックス」も興味深い。「4人で楽しめるオープンカー(正確には開口面積の広いタルガトップ)」というコンセプトで、マーチよりも短い全長ながら大人4人がキチンと乗ることが出来る。エンジンは1.6リッター4気筒の直噴ターボとのこと。今後日産がターボを排気量アップのような役割で使うケースも出てくるのかもしれない。

ガイド注目のユニークモデルは次ページで!