昔とよく似ています

オフロードの走り
8月にリリース予定の新型エクストレイル。悪路でもガンガン使えるタフネスぶりは健在
国沢:
8月に予定されている新型エクストレイルの日本発売に先駆けて、ギリシアで国際試乗会が開かれました。

永田:
海に雪山にガンガン使えるミドルクラスSUVとして、予想以上の人気を集めたモデルですから注目している方も多いと思います。さっそく、スタイルからお話を伺いたいのですが……。写真で見るといいか悪いかは別にして旧型ソックリです。旧型と新型が並んだ写真を見たときには、一瞬本当に新旧の区別が付きませんでした。写真をよーく見ると、ヘッドライトの形とかCピラーより後ろの違いで見分けることが出来ましたけど。

国沢:
日産としては、評判の良かった旧型のイメージを崩したくなかったんだろうけど、やっぱり「似すぎ」って感じる人が多いと思う。でも、実車を見ると顔は確かに似ているけど、パンと張り出した側面なんかなかなかカッコいい。写真よりは実車の方がかなり良く見えるスタイルだよ。

永田:
そう言われると実車を見るのが楽しみになってきました。インテリアはいかがでしたか?

インパネ
インテリアの質感は向上した。前モデルで好評だったステアリングが跳ね上がるポップアップステアリング機構は継承
国沢:
インテリアは旧型よりも上質になったけど、周りのクルマと同等っていったレベル。でも、シート(日本製)の出来はかなりよかった。それと全長が大きくなった分で後席やラゲッジスペースはかなり広くなっている。


永田:
ラゲッジスペースの下側が引き出しのようになっているのも面白いアイデアですね。

国沢:
日本仕様には好評だったポップアップステアリング(靴の履き替えなどがしやすいように、ステアリングが大きく跳ね上がる機能)も付くそうだから遊びの足にもバッチリでしょう。

新型の走りは次ページ