顔がガラリ! 欧州で人気のクロスオーバーに

フランクフルトショーに年内のフルモデルチェンジを予定している次期型エクストレイルが出展された。このクルマ、ノート&セレナに次ぐ国内販売のベスト3。日産にとって極めて重要なモデルと言ってよかろう。果たして人気車になるか? まず写真から御覧頂きたい。
エクストレイルundefinedエクステリア

大きな方向転換を行った新型エクストレイル。ボクシーなスタイルから、流麗なクロスオーバースタイルへと変貌を遂げた


現行型エクストレイルはクロカンSUVのイメージを引き継ぎ、日本人好みのボクシーなシルエットを持つ。しかし次期型は大きく方向転換。欧州市場で人気の『クロスオーバー』と呼ばれる乗用車とSUVの中間くらいのイメージを持たせてきた。このデザイン、日本人からすれば微妙です。

例えばエクストレイルの兄弟関係にあるデュアリス。価格はエクストレイルと同等ながら、販売台数で厳しい。三菱自動車の『RVR』も欧州じゃ売れているけれど日本だと伸び悩む。日本のユーザーってシャキ~ンとしたデザインが好きなのだ。そのあたりを日産のデザイナーに聞いてみた。

すると「国際戦略車種に日本向けのデザインは採用しません。というか次期型エクストレイルのデザインが日本でも評価されると思っています」。もちろん発売してみるまで解らない。現行型以上の人気になる可能性だって大いにあるだろうけれど、私としちゃ難しいデザインだと予想している。

大きな武器だった「コスパ」と「ディーゼル」

加えてCX-5のような燃費の良いディーゼルや、ハイブリッドに代表される「飛び道具」も無し。日本仕様のエンジンラインナップを公表していないが、2リッターと2.5リッターのガソリンエンジンだけになるようだ。人気のCX-5だってガソリンエンジンだけじゃ厳しいと思う。
エクストレイルundefinedエクステリア

ボディ幅も拡大。現行モデルが持つ、良い意味での道具感は鳴りを潜めている


現行エクストレイルの大きな武器になっている「価格」も値上がりするようだ。エクストレイルの販売が好調な理由の一つは「モデル末期に投入したお買い得仕様」にある。実際、存在感のある大柄なボディ+フル装備の2リッターSUVで200万円程度。コストパフォーマンスという点で素晴らしい!
エクストレイルundefinedインテリア

インテリアの質感も大きく向上。インフィニティを彷彿するほどの仕上がりだ


次期型は一回りワイドなボディになる他、質感も向上させている。現行と比べれば明らかに高いクルマに見えるほど。当然ながらお買い得仕様は止めるだろうから、実質的な値上げになると思う。欧州向きのデザイン+飛び道具無し+実質的な値上げで現行モデルと同等の販売台数を確保出来るか?

ということを皆さんも考えるらしく、フランクフルトショーの会場に居た日産の人によれば「同じ質問をこの2時間で5回もされました」。ガイドとしては燃費良かったディーゼルエンジンを止めてしまったのが残念でならない。現行モデルのディーゼルエンジン仕様、とっても良いクルマだからだ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。