ヨーロッパ車と真正面から戦えるレベル

最近クルマの売れ方を見ていると「良いクルマ=商売的に成功するクルマ」という流れが成立しなくなってきたように思う。普通の仕上がりでもブランドイメージ良ければ売れるし、高い完成度を持っているのに売れないことだって珍しくない。前者はトヨタ系に多く、マツダなど完全に後者。

スズキを見ると興味深い。エスクードの場合、明らかに後者。良いクルマながら売れ行きが伸び悩んでしまっている。しかしスイフトを見ると、今やスズキのイメージリーダーになりつつあるほどで、クルマの完成度と比例しキッチリ売れています。果たしてSX4はどうか?

クルマの仕上がりを見ると、従来のスズキ車の中のベストである。基本的に同じシャシを使うのスイフトもヨーロッパ車のようなクルマ作りが高く評価されているけれど、そいつをさらに洗練させた感じ。特にボディの剛性感など、ヨーロッパ車と真正面から戦えるほど。インテリアのクオリティだってクラストップレベルだ。

ちなみにSX4はイタリアのフィアット社でも販売しており(フィアットブランド)、生産が追いつかなくなるほどの売れ行きらしい。ヨーロッパ市場ではSX4のような小型クロスオーバー人気(オンとオフの中間モデル)ということもあるけれど、そいつを差し引いても凄いこと。ヨーロッパの雑誌の評価、なかなか高いのだ。