コンパクトサイズをキープし、低全高化

スズキ・ソリオ/ソリオ・バンディット

写真はカスタム系の「ソリオ・バンディット」だが、全長3710×全幅1625×全高1745mmというサイズはノーマルのソリオと同値。燃費も2WDはシリーズ最高値となる27.8km/Lで、165/65R15というタイヤサイズも同じ


新型にスイッチしたスズキ・ソリオは、軽自動車のスペーシアを大きくして小型車(登録車)にしたようなモデル。リヤドアは両側スライド式で、1-2列目間のウォークスルー、前席左右間のウォークスルーが可能。

2列シートの5人乗りだが、ミニバンのようなパッケージング、使い勝手がウリで、狭い道路や駐車場事情でも使えるのが魅力だ。

そのため、新型でもむやみにサイズアップをせずに全長は同じ、全幅は5mm拡大したものの(デザインのため)、全高は20mm下げることで走行安定性や燃費向上などに配慮している。

一方で、室内の広さを左右するホイールベースは、先代よりも30mm延長し、前後乗員間距離を55mmも伸ばしている。そうなると、最小回転半径が大きくなりそうだが、0.2m短くすることで小回り性能はむしろ向上しているのはうれしい点だろう。

外は小さいままなのに中は拡大

スズキ・ソリオ/ソリオ・バンディット

後席はスライド/リクライニングが可能。リクライニング機能により後席の背もたれを一番寝かせると、仮眠時などに重宝しそうだ。足元も頭上空間もAセグメントのコンパクトカーとは思えないほど広い


実際に後席に座ってみると、身長171cmの私が運転姿勢を決めた後ろには、足が組めるほどの広大なスペースが残っているし、頭上空間は全高を20mm下げても室内高が15mm高くなっている恩恵で、見上げるほど広い。ヘッドクリアランスはこぶし3つ分以上もあった。

先代よりも広くなった前後乗員間距離、そして前席左右席間(10mm拡幅)されたことでウォークスルーもしやすくなっているし、フラットなフロアの恩恵で小さなリビングルームにいるよう。後席はスライドとリクライニングが可能で、とくにリクライニングは後傾角が最大56°に拡大しているのが自慢。

ただし、後席の背もたれを最も寝かせてシートベルトをすると、ベルトが完全に浮いてしまうので走行時は危険だ。仮眠時などの休憩時に使うモードだろう。

さらに後席は、フラットに格納させるためか座面も背もたれも平板な作りで、さらに背もたれの天地高はやや短く、身長171cmの私が深く腰掛けると肩が出てしまう。座面のクッションも柔らかいので、長時間乗車だと底付きしそうなのが気になる。

前席の着座位置は先代よりも20mm下がっているそうだが、アップライトなポジションでペダルを踏み下ろす感覚になる。視界は前方、左右、後方ともに良好そのもので、周囲の状況を把握しやすいのも大きな美点。

次ページは、新型ソリオのシートアレンジについて