ガッシリめのヨーロッパ育ち

スプラッシュフロント
ハンガリーのマジャールスズキで生産され、日本に輸入されているスプラッシュ。今後は欧州だけでなく、中国やインドでも生産・販売を行う予定である

新型車の場合、普通のメーカーだとデビューの1年以上前からスクープ情報に引っかかり、話題になるのだけれど、スズキはノーマークで発売となるから面白い。情報を隠すのが上手いのか、あまり注目されていないかのどちらか。まぁ後者ですけど。

今回紹介するスプラッシュも、ハンガリー工場で生産されるヨーロッパ専売車種の(と考えられていた)ため、日本で販売すると思われていなかった。そんなことから「突如発売された」という印象が強い。果たしてどんなクルマなのか?

スプラッシュリア
ディメンションは3715mm×1680mm×1590mm。スイフトよりひとまわり小さいが、全高のみ大きくすることで開放感ある室内空間を実現している

車格としては、スズキの売れ筋モデルとなっているスイフトよりワンクラス下になる。ヨーロッパだとスイフトやヴィッツが「Bセグメント」。その下なので、フィアット500と同じ「Aセグメント」に属す。排気量で言うと800cc~1400ccです。

実際、実車を見た感じだとヴィッツというよりパッソ。コンパクトだ。ただヨーロッパ育ちだけあり、コクピットに座るとシートのサイズからして大きい。いろんな意味で日本車よりガッシリしている。

実際、車重を見るとヴィッツより50kgも重い(パッソだと100kg差)。おそらく車体構造から始まり、足回りに使われるパーツの丈夫さ、シートの構造に至るまでヨーロッパ水準に出来てるのだろう。