こちらは、《ヴァン クリーフ&アーペル》の新作〈アルハンブラ〉リング。1974年に発表された名作〈ヴィンテージ・アルハンブラ〉を、大胆にリモデルしたコレクションです。

モチーフは、四つ葉のクローバー。アルハンブラ宮殿のアラベスク文様から想を得たデザイン。四つ葉のクローバーは、幸せを呼ぶ最強のラッキー・シンボルですから、心強いお守りにもなりそうですね。

以前のモデルの素材はクリソプレーズ(瑪瑙の一種)やラピス・ラズリ、コーラルなど、不透明で色鮮やかな半貴石をあしらっていましたが、今回の見どころは白蝶貝と黒蝶貝。真珠貝ならではの淡い虹色の光沢が、実にきれいです。フォルムもぐっとシャープになってボリューム・アップし、初々しくなりました。

《ヴァン クリーフ&アーペル》
〈アルハンブラ〉リング:
K18×白蝶貝 ¥185,000
この他、K18×黒蝶貝、K18×ダイヤモンド、
ホワイト・ゴールドのバージョンもあり。

このデザインなら、ロマンティックなテイストが主流となっている今のファッションにジャスト・フィット。きゃしゃすぎず、ボールドすぎない大きさと、ニュアンスのある真珠貝の光沢が、ただかわいいだけでは終わらせない“何か”を感じさせているとは思いませんか。

■お問い合わせは、
ヴァン クリーフ&アーペル 電話03-3569-0716 へ。

さあ、私は一体どちらを購入してしまうのでしょう? 〈ハッピークロス〉か〈アルハンブラ〉か、はたまた両方か? ご報告は後日、当サイトにて。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。