医療保険は病気やケガによって入院や手術をした場合に保障してくれるますが、がん保険は病気の中のがんに限って入院や手術をした時に保障してくれる保険です。その為、医療保険よりも保障の範囲はかなり限られ、保障の内容も医療保険ほど多岐にわたってはいません。それでも規制緩和の影響もあって、各保険会社からいろいろな内容のがん保険が提供されています。

ここでは、がん保険にどのような種類があるのかみていきましょう。

保険会社の種類

がん保険はどこの保険会社にもあるのね

がん保険はどこの保険会社にもあるのね

少し前までは外資系を中心とした一部の保険会社でしかがん保険が存在していませんでしたが、今日では、がん保険はとてもポピュラーになっていて、多くの保険会社でがん保険を用意しています。生命保険会社に限らず、損害保険会社でもがん保険を取り揃えています。

保障対象の疾病

 がん保険の保障対象となる疾病は、もちろんがん(悪性新生物)であり、胃がんや乳がん、肺がんなど幅広く保障の対象になっています。ただ、上皮内がん(上皮内新生物)については、保障の対象となるものの、保障の額に他のがんと差をつけているがん保険もあります。

注意点としては、がん保険の場合、加入から90日間は保障の対象外(例外あり)であり、また加入前に既にがんになっているような場合も保障の対象外となります。

保障内容の種類

がん保険の基本的な保障は、がんで入院した時の「がん入院給付金」、がんで手術をした時の「がん手術給付金」、がんと診断された時の「がん診断給付金」の3つになります。この3つの保障がセットになっているがん保険もあれば、選択できるがん保険もあります。

他には、がん治療のための通院や、がんの先進医療を受ける場合の保障などもあります。また、がん保険などの生命保険では、契約で定められた給付金や保険金が支払われることが多い中、実際に負担した額を保障するようながん保険もあります。 

保障の期間

死亡保障や医療保障の保険と同様に、保険期間にはいくつかの種類があります。例えば、「終身保障」「80歳まで保障」「10年間保障」などです。期間で区切っているタイプは、期間満了後に同じ期間だけ更新できます。10年間保障であれば、10年経過後にまた10年間保障を更新することができます。いつまで更新できるかは保険によって異なりますが、一般的には80歳くらいまで更新可能です。

保険料払込みの期間

保険料の払込み期間は、保障の期間によって異なります。終身保障の場合は選択が可能であり、終身の払込みや60歳までの払込みなどがあります。10年間保障の場合は払込み期間も10年間、80歳まで保障の場合も、基本的には80歳まで払込みとなっています。がんの保障自体が特約の場合は、主契約の払込み期間の影響を受けます。

保険料は、終身の払込みや60歳までの払込みなどでは加入時の保険料が払込み期間中続きますが、更新する場合は、更新時の年齢による保険料となり、ほとんどの場合、更新前より更新後の保険料の方が高くなります。

貯蓄性の有無 

がん保険にも他の生命保険商品と同様に、支払った保険料が掛け捨てのタイプと貯蓄性のあるタイプがあります。

掛け捨てのタイプは、将来解約した時や、保険期間が終わったとき、死亡によって保険契約が終了した時に、戻ってくるお金はないかあっても少額です。貯蓄性のあるタイプは、将来解約した時に解約返戻金が何十万円単位であったり、一定期間後に生存していたらまとまった還付金があったりします。保険料は、貯蓄性のある方が当然多く支払います。

がん保険に加入する際は、がん保険で何をどのように備えたいかによって、どのがん保険を選ぶかかわってきます。まずはがん保険にどのような種類があるのかを知っておくと良いでしょう!

 

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。