香港のトラム

のんびりと観光をする人におすすめのトラム

のんびりと観光をする人におすすめのトラム

「トラム」とは香港島の北側を走っているダブルデッカーの路面電車のこと。1904年に開通して以来、ずっと同じ路線を走っている歴史のある2階建て電車です。ガタゴトとのんびり走るので、時間にゆとりのある人にはおすすめです。乾物臭い上環や人口密度の高いそごう前の交差点などを通過するので、香港のいろんな面を観ることができるでしょう。

2階建てバスと同様、2階の最前列はスリル満点! しかも運賃はどこから乗っても、どこで降りても一律2香港ドルととてもチープ。トラム乗り場は道路の真ん中にあったり、歩道にあったりします。乗り降りは、トラムが停まったら後ろから乗る、降りる際にオクトパスカードで払うか、運賃を料金箱に入れます。トラムもお釣りがでないのでオクトパスカードがなければ小銭を用意しておきましょう。トラムの路線地図も香港政府観光局のビジターセンターで入手できますよ。

百万ドルの夜景で有名なピークへは、ピークトラムがおすすめ(中環のガーデンロードにあるピークトラム駅から)。1888年に開通したケーブル式のピークトラムでは8分で頂上に到着します。特に景色がいいのは右側の席、もしくは最後部に立つこと。午前7時から夜中の24時まで、約10~15分おきに運行しています。運賃は片道22香港ドル(往復で買うと33香港ドル)。行きはトラム、帰りは中環行きのミニバスに乗って違う雰囲気を感じるのもいいですね。トラムのほか、バスやミニバス、タクシーでもピークへ行くことができます。