香港のMTR

1つの駅に数か所の出入り口がある

1つの駅に数か所の出入り口がある

香港内の交通手段の中で、旅行者が一番利用しやすいのは、おそらく香港島、九龍、ランタオ島を通っているMTRでしょう。各路線は色で区別されていて、乗り換えの駅での表示、出口の案内表示も明確。迷わず目的地に着くことができます。路線や曜日によって多少の違いはありますが、始発は午前6時ごろ、最終は23時30すぎまで。交通渋滞を心配せずに移動できるので、夕方のラッシュ時などは特におすすめです。

MTRの改札への入口は上写真にあるような赤いマークが目印。オクトパスカードを使用しない場合の乗車券は、日本同様自動券売機で購入します。券売機にはMTRの路線地図のタッチスクリーンがあるので行き先を確認し、タッチ。表示された料金分のお金を入れればOK(MTRの券売機はお釣りがでます)。

観光客用の1日乗り放題のツーリストパスは、MTRやバスが乗り放題で65香港ドルですが、MTRの1区間が4香港ドルからとそもそも安いので、かなりの数を乗らなくては元をとるのは無理でしょう……。町中から離れたディズニーランドに行く時などはいいかもしれませんね。

駅構内のエスカレーターやトラベレーター(動く歩道)で立ち止まる場合には、右側に寄りましょう。ボーッとしていると、せっかちな香港人に舌打ちされることもあるので要注意。エスカレーターの速度は香港の速度にあわせてか、日本に比べるとかなり早いので乗り降りにも気をつけてくださいね。