大学と連携。幅広い学びの場を提供する暁高校

暁高校では、四日市大学・四日市看護医療大学への学内特別推薦を受けられる

暁高校では、四日市大学・四日市看護医療大学への学内特別推薦を受けられる

暁学園は、幼稚園から大学まで系列校があり、その中に暁高校があります。「暁高校」と一言で言っても、中高6年一貫教育の暁中高等学校(6年制)と、暁高等学校(3年制)があり、暁中高等学校(6年制)の方は高校からの編入のみ。一般入試による募集はないので注意しましょう。

暁高校は、1993年に男女共学校となり、2009年に創立60周年を迎えます。「人間たれ」を学園綱領とし、「人を愛し、学問を愛し、美を愛する豊かな人間」の育成を目指しています。

四日市市との公私協力によって四日市大学が開学され、2007年には四日市看護医療大学も開学されました。出前授業という形で大学の講座を受講でき、大学への学内特別推薦を受けられる制度があります。

暁高校の合格実績は、東京大学1名、京都大学3名、名古屋大学3名、三重大学25名となっています。

理科室3つ。実体験を通して学ぶ教育施設が充実

2007年に新校舎が完成。校舎の5階からの眺めは絶景で、晴れた日には伊勢湾まで見渡せます。広々とした教室塔のエントランスには、旧校舎から移築された壁画も。校舎の各フロアにはラウンジスペースが設けられており、授業の合間に休息したり、級友とおしゃべりをしたりしてリラックスすることもできます。

化学教室、生物教室、物理教室の3つの理科教室があり、それぞれ設備が充実。いろいろな実験や観察を行うことができ、実体験を通した学びの場を提供しています。

大手予備校の授業も受講可能。通塾の負担なし

暁高校では45分7時間授業を実施。英進コースでは8時間授業の日もあるほどで、授業時間数の多さは他校にない特徴です。「サテライト講座」では、大型プロジェクターやパソコン画面で、大手予備校の授業を受講することも可能。受講料は全額受講者負担とはなりますが、それでも直接予備校まで通う負担がなくなるというメリットがあります。