異文化に暮らす子どもたち

幼児期の教育の大切さがわかる。母語の習得がとても大事。
幼児期の教育の大切さがわかる。母語の習得がとても大事。

「ことばと心をはぐくむ」という副題の付いた著作、異文化に暮らす子どもたち(2004金子書房)は、ニューヨークで幼稚園を経営している日本人の方が書かれた本です。

ニューヨークにあるこどものくに幼稚園は、日本人の子どもたちを日本語で保育する幼稚園。アメリカで育ちながらも、子どもたちの母語である日本語の習得が第一である、という考えには納得できる答えがあります。

最初は母語を覚えることが大切

いずれ日本に戻るのが前提で海外赴任している家族にとって、子どもの教育問題は非常に重要な問題です。長期滞在になれば、受験、日本語力、日本人のアイデンティティなどの問題が起こってきます。

また、帰国子女の英語力について言及した書籍によると、一見、流暢に話しているようにみえる英語でも、真の英語力ではないことが少なからずあるそうです。それは、日本語力があいまいなために起こる現象で、第二言語(この場合は英語)の習得には、いかに母語の習得が大切であることを主張しています。

関連サイト


「人気の本格バイリンガル教育~インターへ~」
「バイリンガル・ミックス育児事情」
「ノーラさん語る、バイリンガル育児」
「英語子育てとバイリンガル子育て、どう違う?」
「芸能界もバイリンガル育児が人気」

「バイリンガル派遣のプロが語る 企業が欲しがるスキル」
「突然の海外赴任、どうする?」
「海外赴任先での住まい探し」
「海外赴任、ニューヨークでの部屋探し事情」

「海外妊娠・出産・子育てに必携!8ヶ国語の母子手帳」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。