本当は怖い三匹の子ぶた



たまたま立ち寄った郵便局で「絵本のある子育て」(こどもの本の童話館グループ発行)という冊子がありました。手にとって読んでいると、「つくり変えられる昔話の絵本」という連載が載っていて、本当の三匹の子ぶたの紹介が書かれていました。

子ども用に書き換えられたストーリーのThe Three Little Pigs。画像をクリックすると原本の絵本に飛びます。
子ども用に書き換えられたストーリーのThe Three Little Pigs画像をクリックすると原本の絵本に飛びます。
子どもの英語教育でよく使われているイギリスの昔話、The Three Little Pigs(三匹の子ブタ)という本があります。英語のレッスンでは読み聞かせ専用にBig Book(ビッグブック)と呼ばれる大きな絵本が使われています。私がよく利用しているのは、Addison-Wesley社のThe Three Little Pigsです。

このビッグブックの物語のあらすじは、「昔々あるところに三匹の子ブタが住んでいました。」から始まり、わらの家、木の家、レンガの家という順にオオカミが訪れ、わら、木の家を吹き飛ばしてしまいます。子ブタたちはレンガの家に逃げていきます。オオカミはさすがにレンガの家は吹き飛ばせないため、煙突から家の中に侵入し、煮えたぎった鍋の中に落ちます。そして大火傷をしたオオカミが逃げていく、というお話です。

実はこのお話は、原本を簡単にしてお話も書き換えられています。

本当の三匹の子ぶたのお話



あらすじはこうです。



昔々あるところに三匹の子ぶたがお母さんぶたと一緒に住んでいました。とても貧乏だったので、子ぶたたちを手放しました。一匹はわらの家を建てましたが、オオカミが来て家を吹き飛ばして子ぶたを食べてしまいました。二匹目は木の家を建てましたが、オオカミが来て子ぶたを食べてしまいました。三匹目の子ぶたはレンガの家を建てました。オオカミは子ぶたを食べようとしますが、何度も失敗。頭にきたオオカミは煙突から侵入します。鍋に落ちたオオカミを煮て料理して子ぶたがオオカミを食べてしまいました。