INDEX

■インターナショナルスクールを選ぶ親たちとは

■インターナショナルスクール入学の条件

■条件をクリアしてから入学を考えて

■英語保育のプリスクール・サマースクールが大人気

■日本発の英語能力育成を目標とするユニークな学校

■親子留学はきっかけ作り。短期でも効果アリ!


インターナショナルスクールを選ぶ親たちとは

バイリンガルになってもらいたい!

本気で子供に英語を身に付けさせたいと思う親がとる行動には2種類あります。一つはインターナショナルスクール入学。もう一つは親子留学です。この2つの選択について最近の傾向をみてみましょう。

学校を個人の自由で選べるようになり、その選択肢の一つにインターナショナルスクールがあります。日本人の親たちがインターナショナルスクールに魅力を感じる一番の理由は「英語」で教育を受けられること。日本の学校教育ではいつまで経っても話せる英語を学べないという親たちの経験的な気持ちが根底にあるようです。

小学校進学の子供をもつ親の世代は一度は海外生活経験がある人が多くなっているため「英語」を使うコミュニケーションの楽しさを知っています。そして今後のグローバル社会を見据え、英語の必要性を身にしみて感じている世代です。ですから「英語はやっぱり話せなきゃ!」という意識が非常に高いのが特徴です。

インターナショナルスクール入学の条件

日本人の入学は一定の条件をクリアする必要があります。基本的には外国籍の子供が対象のスクールなので子供も親も英語を理解して話せることと( 学校からの連絡はすべて英語です)、年間200万円ほどの学費が払えること、また日本の義務教育を受けないことになるので教育委員会に出向いてその旨を伝えることです。詳しくはこちらの記事で。

入学したら、子供のその後の人生についてもよく考えておきましょう。例えば、英語がわからなくて授業についていけなかった場合にESLクラス(英語補習授業)があるかどうか、日本語の学習はどうするのか、大学進学はどうするのか、など親が熟慮して納得しておく必要があります。

>>それぞれについてクリアにしていきましょう>>