3冊ご紹介します。

私たちはいかにして英語を失うか

せっかく手に入れた英語を維持してもらいたい。親のできることは何か?
せっかく手に入れた英語を維持してもらいたい。親のできることは何か?

私の友人に二人の子どもを連れて海外赴任されたご夫婦がいます。3年後に帰国しました。帰国して早々、子どもの学校をどうしようかという選択に迫られました。日本の学校にしようか、インターナショナルスクールにしようかと迷ったそうです。

All About 海外生活・ロングスティ

子どもの英会話能力維持のためにはインターナショナルスクールがよさそう。でも日本の教育を受けないとなると将来が不安。日本語は大事だし、海外にいた分、日本語力は落ちてるし・・、と迷ったあげく、日本の小学校を選びました。でも英語の力を維持するための努力をしています。

幸か不幸か、親の海外赴任で自分の意志とは関係なく英語圏に住むことになった子どもたちは、現地に適応しようと努力し、英語も話せるようになりますね。海外で身につけた英語力を維持するために親がしてあげられることを一冊にまとめた書籍があります。

「私たちはいかにして英語を失うか~帰国子女の英語力を保持するためのヒント」服部孝彦・海外子女教育振興財団(2006アルク)は、タイトルは衝撃的ですが、子どもをうまくバイリンガルにする方法や親ができる家庭環境の作り方の実際が書かれています。

ニューヨーク日本人教育事情

海外子女の教育の実際を取材。バイリンガルになるよりも・・
海外子女の教育の実際を取材。バイリンガルになるよりも・・

いまや、ニューヨークに住む日本人の数は膨大の一途です。少し古い書籍ですが、海外子女、帰国子女の実際がわかります。

ニューヨーク日本人教育事情には、一般的なイメージ、ステレオタイプとは異なる海外・帰国子女の実際の姿があります。細かい取材調査が物語るように帰国後の受験のことまで考えた教育のあり方がわかります。

親は子どもだから適応が早いから・・という気楽な考えではいられないようです。言葉がわからないストレスは想像以上に大きく乗り越えるのも簡単ではないですね。

All About ニューヨークで暮らす

All About海外生活

文部科学省 クラリネット Children Living Abroad and Returnees Internet

>>海外に住む日本人幼児への教育に注目>>