英語で子育てしたいママのために

書店の英語関係書棚へ行くと「英語子育てフレーズ集」を多く見かけるようになりました。この人気の起爆剤は以前の記事でご紹介した戸張郁子著「子どもは英語でしつけなさい(2001.4月情報センター出版局)」です。この年以来、いろいろな英語子育て中のお母さんたちが自分の視点からまとめた子育て英語フレーズ本を出版しています。

最近の本を中心に何冊か紹介しておきますね。


「井原さんちの英語で子育て(2004.7.学研)」から出されたCD付きの本は、英語があまり得意ではなかったご夫婦が英語で子育てをしたいためにネイティブ英会話を習って実践しているフレーズ集です。単語3語~5語のフレーズが多いのが特徴です。井原さんは「やってみたら意外に簡単だった」と述べています。初心者向きの本です。

■米国で子育て中のバイリンガルママであり、ラップ歌手のキャズ・カワゾエさんの選んだ「英語のうた(2004.8.明日香出版社)」CD付きの本には、アメリカの子育てサークルMommy & Meクラス、幼稚園や保育園で歌われている曲が12曲入っています。それぞれの曲をお母さんが歌えるよう、漢字・カタカナ・ひらがなでルビがつけてあります。曲のエピソードや遊び方も載っています。

ヘンリーおじさんの「英語で子育てできる本(2004.3.アルク)」は私のオススメ本です。「こんな優しい言い方もあるんだぁ」と納得させてくれる一冊。ヘンリーさんはこの秋、新刊出版予定です。英語教室の先生方が使う教室英語をまとめた本です。ヘンリーさんの本の特徴は、日本人ママや日本人児童英語教師から「こういう時はどう言えばいいの?」という質問から生まれたものなのでとても多種多様なフレーズがあります。


カードで英語をはなしましょう
はじめて編

新情報としてママが英語フレーズを覚えるためのユニークな教材が開発されました。戸張郁子著「子どもは英語でしつけなさい」シリーズは全部で5冊ありますが、このシリーズがカード化され、「カードで英語をはなしましょう」が出来ました。

もう少し詳しくご紹介します。

>>次のページへ>>