投資信託/投資信託の運用はここがポイント

投信の攻めと守りのコア・サテライト戦略(3ページ目)

ファンド選びも大切ですが、資産形成にはどの資産をどんな割合で組み合わせるかポートフォリオの構成が重要です。安定運用と積極運用を分けて考えるコア・サテライト戦略を立ててみてはいかがでしょう。

執筆者:牧野 なな子

  • Comment Page Icon

コアとサテライトの配分は

ファンド選びより大切な資産の組み合わせ

ファンド選びより大切な資産の組み合わせ

コアサテライトの配分は、安定運用を望む方は、コアの資産だけでも。ただし、昨今の先進国の状況をみると、経済が成熟し今後大きな成長は見込めそうにありません。コアの資産も、ずっと寝かしたままでなく、景気のサイクルによって利益確定をしていくことも必要になってくるでしょう。

また、右肩上がりの成長を望むにはどうしてもサテライトに頑張ってもらう必要がありそうです。無理は禁物ですが、これぞと思うサテライトの配分を多めにするのも一法です。

あなたの投信、偏っていませんか?

高い収益に魅せられて気がつけば保有しているのはサテライトばかりという方も少なくありません。今一度、あなたの投資信託を分類分けしてみましょう。

投資信託の分類については、ガイド記事
名前でわかる投資信託タイプ分析
注目!2009年1月投資信託の分類が変更に を参照下さい。

もし偏っていたとしても、いきなり配分を完成させる必要はありません。投資信託の積立を利用して徐々に偏りを無くしていくのが安心です。100万円ほどをスポット買いする場合には、ETFを利用すると年間の運用コストが抑えられます。

よく退職金などまとまった資産をどう配分したらよいかという方がいらっしゃいますが、特に運用になれていない方はまずは、一部でポートフォリオを組んで、慣れてきたらそれぞれの資産を大きくしていく方法を取られてはいかがでしょう。投資には慣れが必要です。

また、今ある資産に次どんな資産を組み合わせるのがよいかは、「相関係数」で値動きの違う資産を選ぶとより高い分散効果が発揮されます。「相関係数」は過去の値動きを計算し、相関係数が「?1」に近い2つを組み合わせることによって、リスクを低減し安定したリターンを目指すことができるもの。例えば、国内株式と海外債券というように相性のよい組み合わせを探すことができます。(参照ガイド記事 効果抜群!投資信託の組み合わせ術

コアとサテライトについて、おわかりいただけましたか。
コア資産、サテライト資産の具体的な配分、アセットアロケーションについては、別な機会にご紹介します。


【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/2/29まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます