普通のオーブン+ウォーターオーブンが売り

トーストと付け合わせの蒸し野菜が同時にできる「セットメニュー」は、忙しい朝に便利

トーストと付け合わせの蒸し野菜が同時にできる「セットメニュー」は、忙しい朝に便利

一般的なオーブン調理ができないと思われがちですが、過熱水蒸気を使わない普通のオーブン&グリルはじめ、マイクロ波もきちんと搭載されています。ただ、レンジ機能はじめ、全体的に時間がかかるのが弱点。その分、一度に複数のメニューができる2段調理でカバーしています。

 

「クエン酸」洗浄できるお手入れオートメニュー

最初の画面に「お手入れ」モードが表示されていて、その中にはクエン酸を利用した洗浄メニューもある

最初の画面に「お手入れ」モードが表示されていて、その中にはクエン酸を利用した洗浄メニューもある

庫内は全面フラット。水蒸気を利用してお手入れできるモードが搭載されています。汚れが気になる時は、給水タンクにクエン酸を入れて庫内の洗浄をすることも可能です。また、水蒸気を使ったモードの後は庫内に水滴が残るので、その都度拭けば比較的キレイに保つことができます。

 

「ウォーターオーブン」という新ジャンル確立

ウォーターオーブン機能はじめ、調理で落ちるカロリーを表示するなど、個性満載!

ウォーターオーブン機能はじめ、調理で落ちるカロリーを表示するなど、個性満載!

2010年で7代目となるヘルシオ。水で焼くオーブンを開発し「ウォーターオーブン」というジャンルを新たに確立していることからも、その独自性は誰もが認めるところでしょう。また、タッチパネルによる操作や、カロリーダウンが見える表示など、随所に個性が感じられます。

 

従来のイメージとは異なるホワイトが新鮮

従来の赤に加えて、今までと印象の異なるホワイトモデルを展開し、より幅広い世代のニーズに対応

従来の赤に加えて、今までと印象の異なるホワイトモデルを展開し、より幅広い世代のニーズに対応

初代の赤いヘルシオ発売以来、デザイン性の高さでは定評があり、高級感のある仕上げが支持されていますが、今年は新たにホワイトモデルを展開。従来とは印象が異なり、新鮮です。操作ボタンの溝をなくし、汚れが溜まらない仕上げにするなど、細部にも配慮が行き届いています。

 

健康とおいしさが第一優先ならおすすめ

最上位機種では最も高額ですが、基本的なマイクロ波・オーブン&グリルは備わっているので、プラスで全く新しい加熱方式「ウォーターオーブン」が付いていると考えれば、見合った価格と感じるはず。時短や利便性より、おいしく健康的な料理が優先なら、満足できる1台です。


【関連リンク】
シャープ ウォーターオーブン ヘルシオ AX-PX1




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。