加湿器には加湿だけでなく、空気清浄やイオン発生・アロマ機能など、いろいろな機能が付け加えられています。空気質を向上する快適機能や、使い勝手をよくする機能など、その目的はいろいろ。自分にとって必要と思われる機能かどうかも含めて、チェックしておきましょう。

空気清浄機能

空気清浄機に加湿機能が搭載されているものがメジャーになっていますが、加湿器に空気清浄機能があるタイプもあります。部屋の中に何台も機器類を置きたくない人にはおすすめです。ここでは「加湿器」と分類される製品をご紹介します。

■代表機種:LW-25(Venta)Airwasher
室内の空気を吸い込み、加湿器内の水のフィルターで清浄する1台2役の加湿器。より室内の空気をキレイに保ちたい方におすすめの機能です。

 

イオン発生機能

すっかりおなじみになった“イオン”搭載タイプ。各社独自のイオンにより、空気中に浮遊する菌やウィルスを分解除去してくれます。

■代表機種:HV-F70(シャープ)
プラズマクライスターイオン搭載機種。加湿の蒸気と一緒に、自然界にあるのと同じ(+)と(-)のイオンを作り出し放出することで、菌を除去したり、空気中のウィルスの作用を抑える。


■代表機種:FE-KXM07 (パナソニック)

ナノイー搭載機種。酸化力の強いOHラジカルを水で包んだような微粒子イオン「ナノイー」が空気中に放出されることで、除菌効果が得られます。


使い勝手を良くするいろいろな機能

■運転モード
最適な湿度を維持してくれる「自動」モードの他、のどやお肌の乾燥が気になるときに、少し高めの湿度をキープする「うるおい」モードや、運転音を控えめにする「消音」モード、省エネ運転をする「節電」モードなど、大手メーカーの加湿器は複数の運転モードが搭載されています。リビング用・寝室用・赤ちゃんのいる部屋用など、目的に応じて必要な機能を確認しておきましょう。

■タイマー機能
大半の製品は就寝後に電源が切れる「切タイマー」が主流。「おやすみタイマー」などがコレに該当します。機種によっては「入タイマー」もあり、朝起きた時から快適な湿度にしたい人はチェックしてみてください。

■ハンドル付きタイプ
本体にハンドルがついているタイプ。持ち運びしやすいため、1台で居間・寝室・和室と、あちこちの部屋で使いたい時などに便利です。

■コンパクトタイプ
オフィスや勉強部屋の机上にぴったりの小型サイズ。タンクの代わりにペットボトルでも使用可能となっている製品や、コップに挿せばミストが出るタイプなど、価格も安く便利で手軽なタイプが多々あります。

■アロマ対応
好みのアロマがセットでき、加湿の蒸気と一緒に香りが部屋に広がる機能。女性に人気。

以上のように、便利機能はいろいろありますが、

  • いろいろな部屋で使いたい……ハンドル付き
  • 自分専用として、机上で使いたい……コンパクトタイプ
  • 寝室、子供部屋で使いたい……静音機能付き&タイマー付き
  • 仕事の疲れも癒したい……アロマ対応
というように、使い方によって、おすすめのものは異なってきます。以上の個性を踏まえた上で、どの部屋で使うかはもちろん、使用する時間の長さをシミュレーションして要望をまとめましょう。

加湿器の選び方のポイント:加湿器のお手入れとランニングコスト >>


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。