シャープの加湿機

ハイブリット方式が主力だが、2015年新製品は新たに気化式も加え、全4機種を展開(※加湿機能搭載イオン発生機は含まず)。タンクの給水口が広いため手を入れてタンク内部まで洗えると、キレイ好きの人に好評。

シャープ全製品で展開している、自然界にあるのと同じ(+)と(ー)のイオンを作り出し、放出することで、菌を空中で分解・除去する「プラズマクライスターイオン」を搭載した機種がメイン。カラー展開はホワイト系とベージュ系、タンクが露出しているためすっきりした感じには欠けるが、使いやすいデザイン。

■代表機種: HV-F70(気化式×ヒーターのハイブリット式)
温度と湿度のWセンサー搭載で、室温に合わせて湿度60%をキープする「うるおい加湿」機能搭載。また、プラズマイオン搭載で、空中除菌効果もある。吹き出し口の中までしっかりお手入れできる構造が人気。

「シャープ プラズマクラスター加湿器 HV-Z70CX」(2011年製品) お試しレポート >>


■代表機種:HV-EX30(気化式)

デザイン重視のコンセプトシリーズ「S-style」の加湿機。パーソナルタイプですが、温度と湿度のWセンサー搭載で本格的な加湿加湿ができます。部屋の湿度や運転状況が、本体の丸いデザインを生かしたイルミネーションカラーで表現されるのがオシャレ。

【関連サイト】
シャープ 加湿器(メーカー公式サイト) 




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。