ダイニチ・アピックス・±0 など国産メーカーの加湿器

加湿器は大手メーカー以外も多数参入していて、高額なものから手頃な価格まで、種類も多い。雑貨店などでは気軽に購入できる価格帯のものも多いが、価格なりの性能ということもあるので、よくチェックしてからご購入を。店頭で見かける主要メーカーとしては、「ダイニチ」「アピックス」「±0」など。デザイン重視のタイプは、メンテナンスや使い勝手が少々後回しにされていることも多いので、実物でしっかり確認して下さい。

■ダイニチ(気化×ヒーターのハイブリッド式):RXシリーズ
ハイブリッド式は独自の技術で業界トップの静かさを実現しているのが人気の秘密。就寝時にも快適に使えると評判です。コンパクトですっきりとした気化式もあり。

【参考サイト】ダイニチ・加湿器 (メーカー公式サイト)


■アピックス(超音波式):アロマ加湿器 SHIZUKU touch+
滴(しずく)のようなフォルムと可愛らしいカラーバリエーションで、売れ筋No.1の加湿器。アロマオイル対応で好きな香りが楽しめる機能や、LEDライト付きで給水タンク全体が光る仕様で、癒し効果があるのも人気。

【参考サイト】APIX・加湿器 (メーカー公式サイト)


■阪和(超音波式):PRISMATE
超音波式を中心に様々なタイプを展開。カラーバリエーションの豊富さとコンパクトサイズが人気。コップに入れる手軽なタイプなどもあり、見ているだけでも楽しい。

 【参考サイト】阪和・PRISMATE (メーカー公式サイト)


■±0:スチーム式加湿器 
個性的なフォルムで一世を風靡した加湿器が有名。スチーム式でアロマも使えるので、形と香りで癒されそう。2013年には超音波式を追加、2016年にはスターム式をさらに追加し、ラインナップを増やしている。

【参考サイト】±0 (メーカー公式サイト)


■d-design:mood(超音波式)
超音波をベースにしたモデルをいろいろと展開。デザインが綺麗なタイプのほか、2015年は製薬会社と組んで開発した、クレベリンLED搭載タイプを発売。個性あるラインナップです。

【参考サイト】d-design 加湿器(メーカー公式サイト)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。