三菱重工の加湿器

ビーバーエアコンでおなじみの、空調機器メーカー。2015年製品は全2タイプ・8機種。独自の「スチームファン蒸発式」と「ハイブリッド式(気化×ヒーター)」の取り扱い。

「スチームファン蒸発式」とは、水を吸い上げる蒸発布をヒーターで100℃に加熱し、その水分を蒸気として蒸発。乾いた分だけ水受け皿から水を吸い上げる方式。蒸発布は不純物を取り除くフィルター代わりにもなっている。また、全機種インバータで省エネかつ、コンパクトでデザインが良く、根強い人気があるのも納得。

■代表機種:SHE35ND/SHE60ND(スチームファン蒸発式)
600mlタイプは従来からAV機器のようで個性があり、インテリア性も高い人気のデザインのままだが、350mlタイプは2015年からデザインがリニューアルされ、家庭的な印象に。


代表機種:SHK50NR/SHK70NR/SHK90NR(気化×ヒーターのハイブリッド式)
パーワーと省エネを両立したハイブリッド式。加湿と同時にプラズマイオンを発生し除菌効果あり。同社のビーバーエアコン(一部のシリーズ)との連動運転も可能。


【関連サイト】

三菱重工 加湿器(メーカー公式サイト)  




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。